シャムとバーミーズの良いところを合わせもつトンキニーズ。好奇心旺盛で友好的な性格、そして美しい被毛はとても魅力的です。ここでは、トンキニーズのかかりやすい病気と飼う上で気をつけたい病気についてまとめてみました。
cat

トンキニーズのかかりやすい病気

  • 尿路結石症
  • 腎不全

これらの病気について勉強していきましょう。

尿路結石症

腎臓、尿管、膀胱、尿道に結石が出来る病気。

  • 症状
    頻回トイレに行き排尿姿勢をとる、排尿時痛みを訴える、下腹部をしきりに気にする(舐めるなど)、腹部を触ると痛がる、尿に血が混ざる、などの症状が出ます。ただ特に去勢済みの雄猫は『結石が尿路につまること』に気をつけていただきたいです。(もしくは炎症が起こり、結果的に尿路が閉塞してしまうこともあります。)尿路が閉塞してしまうと、1-2日の間に命にかかわる状態になってしまいます。もちろん猫は元気がなくなり、ぐったりしますので、早急に動物病院に連れていって処置を行ってもらいましょう。
  • 原因
    食事の栄養バランスが悪い、水を飲む量が少ない、ストレスなど、様々な要因で起こることがあります。肥満も一因になるとも言われています。

腎不全

数か月から数年かけて徐々に腎臓の機能が低下していく病気。進行していく病気なので、基本的には,対症療法を行い付き合っていくしかない病気です。(トンキニーズに限らず、どの猫種の高齢猫でも多くみられる病気です。)

  • 症状
    多飲多尿(たくさん水を飲み、たくさん尿を出す)、食欲の低下、嘔吐、便が硬くなる、痩せる、脱水がすすむなどの症状があります。ただ、この病気は初期の症状は尿検査でしかわからないため、非常に分かりにくく、飼い主さんが嘔吐や食欲の低下などの異変に気付く頃には病態も進行してしまっていることが多いです。
  • 原因
    加齢が最も多い理由です。その他、慢性的な炎症や自己免疫疾患、感染、腫瘍などに付随して起こる場合もあります。

トンキニーズを飼う上で気をつけたいポイント

短毛ですが、ブラッシングを行う習慣を作りましょう!

トンキニーズは短毛で比較的抜け毛も少ない猫です。でも1日に1回程度のブラッシングを行うことをおすすめします。もちろん長毛の猫のように神経質に行う必要はありませんし、1週間に2-3回でOKという方もいらっしゃいます。ブラシの種類はラバーブラシでも問題がない程度です。最近ではホームセンター等でケア用品がたくさん販売されているので、是非お手にとって選んでいただければと思います。

ブラシをすると抜け毛が取れ、皮膚の血行が良くなるので、より美しいつややかな被毛になることは間違いありません。血行がよくなるので、皮膚病の予防にもつながります。そして、全身ブラシをかけると、猫の体のちょっとした変化にも気付きやすくなります。飼い主さんとのコミュニケーションの一環としてブラッシングの習慣を作ってみましょう!生後6カ月までの間に、ブラッシングをかける習慣を作っておくと猫もストレスなく受け入れてくれるようになるといわれています。

遊び好きなトンキニーズ!十分に運動できる空間を作りましょう!

トンキニーズはバーミーズの遊び好きな一面を受け継いでいるので、いろいろなところへジャンプして、遊んではジャンプして、という性格の子が多いです。このような性格の猫にとって十分に動き回れる空間というのは必須です。キャットタワーなどで上下運動をすることだけでなく、広い空間を設けてあげることをおすすめします。飼い主さんに対しても友好的で愛らしい猫なので、飼い主さんとおもちゃで遊んであげることも喜びに感じるでしょう。

食欲旺盛な一面も!肥満には要注意です!

トンキニーズは筋肉量も多い猫なので、非常によく食べます。ただ、それに対して猫の要求するままに食事を与えていると、間違いなく肥満猫になってしまいます。飼い主さんの責任で適正な体重を保つように心掛けましょう。

肥満は糖尿病、心臓病、関節疾患のリスクも高めます。遊び好きな猫でも太ってしまうと思うように体も動かなくなり、遊んでも体重が重く関節に負担がかかり、全くいいことはありません。獣医師に適正な体重を相談してみることはおすすめです。動物病院では体重の相談を受けることも多いので、快く相談に乗ってくれると思います。

好奇心旺盛なトンキニーズは異食に気を付けて!

繰り返すようですが、トンキニーズは非常に好奇心旺盛な猫です。そんなトンキニーズにとって、お部屋の中も興味の対象でいっぱいなことでしょう。お部屋の中で遊んでいるうちに、口に加えて食べてしまうことも。これは犬に多い『異食』ですが、好奇心旺盛な猫でもおこるので要注意です。猫の口は小さいですが、紐状のものなどを長いまま飲みこんでしまうことも。もちろん体調が悪くなり、手術が必要になる可能性が高いです。十分に気をつけましょう。