どんな病気?症状は?

猫エイズは猫エイズウイルス(FIV)の感染が原因で、免疫機能の低下をはじめとした症状が出る病気です。猫エイズは猫後天性免疫不全症候群という名前でも呼ばれます。猫エイズは人間のエイズとは同じレトロウイルスという種類に属するウイルスですが、異なるウイルスなので人間には感染しません。ただ猫同士では感染する危険性があるので注意が必要です。

ウイルスに感染をすると、急性期→無症状キャリア期→エイズ発症期と時期によって症状が異なります。それぞれの時期の症状を説明していきます。

急性期

エイズウイルスに感染すると、風邪のような症状が出ます。数か月に渡り続くこともあるようです。発熱、元気食欲の低下、リンパ節の腫れなどが見られます。急性期はほとんどの猫が乗り越えますが、元々病気を持つ猫や体力のない幼猫は命に関わることもあります。

無症状キャリア期

急性期を乗り越えると、一見健康な猫と見分けのつかない状態になります。この期間は4-5年から、長いと10年になることもあります。でも、この間もずっと感染は続いているので、健康な猫と接触した場合感染源となってしまいますので、十分な注意が必要です。

エイズ発症期

無症状キャリア期を過ぎると、エイズを発症し、免疫不全の状態になります。口内炎になりやすくなり痛みからご飯を食べるのを嫌がったり、ケガをすると傷が治りにくく感染が起こりやすくなります。そして目やにや鼻水が慢性的に続いたり、治りにくい下痢が続く猫もいます。中には貧血が起こったり、腫瘍が出来ることもあります。そして徐々に痩せて行き、数カ月の経過で亡くなることが多いです。発症してしまうと死にいたる病気です。ただ、感染してもエイズは必ず発症するわけではなく、まれに発症をしないまま一生を終える猫もいます。

原因は?

猫エイズウイルスは、感染猫との接触で感染します。比較的弱いウイルスなので、感染した猫の血液や粘膜の直接接触等で感染します。最も多い原因はケンカによる咬傷ですが、交尾よる感染も少なくありません。(交尾の際にケガをして感染することもあります。)猫同士が濃厚にグルーミングをしあったりした際に唾液を介して感染した例もあります。

このような猫同士の接触は感染につながりますが、猫と人間の間では猫エイズウイルスの感染は成立しませんので心配はいりません。猫エイズを持つ猫と、感染していない猫の多頭飼育の場合は必ず隔離をする必要があります。外から新しい猫を迎える場合には、必ず事前に動物病院でチェックを受けましょう。(動物病院で血液検査を受ければわかります。)

※子猫ではエイズの検査で陽性反応が出ても、いずれ陰性に変わることも稀にあります。これはエイズの検査を『抗体』を測っているためで、母猫からの移行抗体を計測してしまっている場合があるためです。子猫の際に陽性反応が出た場合、生後6カ月を目安に再検査をする必要があるでしょう。時期は動物病院によっても異なるかもしれないので、獣医師の判断に従ってください。いずれにせよ隔離する必要はあります。

病院で必要な検査、治療法は?

検査は少量の血液を用いた検査で分かります。どの病院にも診断キットがあるので、少しの時間でウイルス感染の有無が分かります。

そして、猫エイズウイルスを根本的に治療する方法は残念ながらありません。(体の中からウイルスを排出する方法はないということです。)つまり、発症をしてしまうと対症療法
をするしか方法はありません。(抗生物質、インターフェロン、ステロイドなど。また貧血が重度の場合は輸血などを行う場合もあります。)

ただ、前述のようにエイズは感染=発症ではなく、ストレスや抵抗力の低下などによって発症に至りますので、出来る限り良好な栄養状態に保ち、ストレスを避けた環境で生活させてあげると発症のリスクは下がるでしょう。

どんな猫種がなりやすい?

外に出て、不特定多数の猫と接触する機会のある猫は非常に危険です。(けんかっ早い猫だけでなく、優しい・ケンカをしない性格の猫であっても、グルーミングをきっかけに感染することもあるので要注意です。)エイズはウイルスの感染なので、どんな猫種でも一様に感染する危険性はあります。

主な予防法は?

外へ出さない(=エイズに感染している猫と接触させない)

最良の予防法は外へ出さないことです。エイズのキャリアの猫との接触の機会を作らなければ、感染する心配はありません。外で子猫を拾ってきて飼う場合(成猫の場合ももちろん)は、まず必ず検査を行いましょう。先住猫がいる場合は、結果がわかるまで接触させないように気をつけましょう。

ワクチンの接種

以前はワクチンが販売されていましたが、現在は販売中止になっています。ワクチンのことが気になる方は動物病院で相談をしてみてください。

このように猫のエイズを予防するためには、感染猫との接触をさせない(ウイルスに感染する機会をつくらない)ということが大切です。命に関わる怖い感染症なので、十分に注意を払いましょう。