トイプードルの可愛い見た目はもちろん、毛が抜けなくて飼いやすいところ、

そして人懐こい性格は非常に飼いやすい性格です。

日本では現在登録件数1位で、人気の高さが伺えます。

そんなトイプードルにおすすめのペット保険は何でしょうか?

特徴に合わせたペット保険の選び方やおすすめの会社をご紹介します。

トイプードルの病気とペット保険

トイプードルにあったペット保険選びのポイントは?

ペット保険選びで最も大切なのは保険料とその犬種にとって丁度良い補償内容のプランを選ぶことです。

補償は手厚ければ良いというものでなく、

保険料が高くなったわりに、補償を全然使わなければ無駄払いになってしまいます。

こうした適切な保険を選ぶために以下の順序で見ていくと良いです。

保険選びの流れ

  • 1.かかりやすい病気とトイプードルの罹患率傾向を知る
  • 2.傾向を見て、求める補償内容を考える
  • 3.求める補償内容をもとに、トイプードルにおける各社の保険料を確認する

補償内容は補償率だけでなく、年間支払限度額、日数・回数制限、

1日の支払い限度額、免責金額も含めてチェックします。

目次

かかりやすい病気と罹患率傾向

まずはトイプードルがかかりやすい病気についてみていきましょう。

ペット保険会社によると、

トイプードルは骨・関節系、消化器官、目、耳、皮膚疾患が多いという結果になっています。

特に目、耳、骨・関節系、消化器官は他犬種よりも病気のリスクが高いです。

代表的なかかりやすい病気やケガをあげると、

  • 膝蓋骨脱臼
  • 骨折
  • 大腿骨骨頭壊死症
  • アトピー性皮膚炎
  • 外耳炎
  • 進行性網膜委縮症
  • 白内障
  • 急性胃炎

といった病気があげられます。

今回実情を調査するために、

愛犬の疾患・ケガを経験したトイプードルの飼い主さんにアンケートを実施しました。

最も多かったのが筋骨格系疾患で、やはり代表的な膝蓋骨脱臼が多いです。

また骨折けがの割合も多く、皮膚疾患、胃腸疾患も多い結果となり、

およそトイプードルがかかりやすい病気やケガの通りの結果となりました。

皮膚炎や外耳炎、白内障、急性胃炎は通院が長期もしくは一生となりやすく、

膝蓋骨脱臼や骨折などは高額な手術費用になりやすいです。

高額になる場合の治療費の目安は?

ここでは膝蓋骨脱臼と急性胃炎についてみていきましょう。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は、膝の骨にあるお皿の骨が脱臼してしまう症状のことで、

グレードが4段階あり、グレード3以降になると何度も脱臼し、

最も重度のグレード4になると、整復不能で歩行不可になるため、

早期発見と早めの治療が必要です。

根本的に解決するには外科手術がほとんどで、

日本獣医師会による主な治療費の相場は以下のようになります。

  • 再診料:900円
  • レントゲン・血液検査:9,363円
  • 血管確保・注射:5,222円
  • 全身麻酔:10,020円
  • 整復手術:110,000円
  • 小型犬入院費(1日):2,729円 ※通常3~5日入院

このほかに内服薬や処置代などもかかってくるため、10万以上の治療費になることが多い病気です。

急性胃炎

治療はその異物を吐かせることになります。

場合によって内視鏡検査や手術になるため治療費が高額になる場合もあります。
下記は日本獣医師会による治療費の相場です。

  • 再診料:730円
  • 生化学検査:4,625円
  • CBC検査:1,864円
  • 胸部レントゲン:7,911円
  • 内視鏡検査:15,304円
  • 小型犬入院費(1日):2,729円 ※通常3~5日入院
  • 全身麻酔:10,020円
  • 胃切開:38,129円

アレルギーや外耳炎、白内障は通院による診察や内服薬・塗薬などの治療になります。

1回あたりの治療は数千円程度ですが、長期通院かつ週2回ほど通うことが一般的なので、

治療費は数万程度になることが多いです。

実際どのくらいかかっている?

では実際の治療現場ではどのくらいの費用が発生しているのでしょうか?

同じく治療経験のあるトイプードルドの飼い主さんにアンケートしてみました。

一番多い治療費は1~5万円で、

比較的低額な胃腸炎、外耳炎、軽いケガなどが多いことがあげられます。

ですが見逃せないのが次に10~30万の高額治療費が約3割いたこと。

やはり手術や長期治療などになると、

大きな出費になるリスクがあることがわかります。

高額な出費にもしっかり対応できるような補償選びが重要です。

治療のスタイルは?

ペット保険では主に通院、入院、手術という補償の枠組みがあり、

会社によってどの補償に重点を置いているか違う場合があります。

そのためトイプードルの治療スタイルの傾向をみることで、

どの補償内容を重視するべきか見えてきます。

下記は病気やケガで治療経験のあるトイプードルの飼い主さんに、

通院、入院、手術のどのような形式で治療を行ったか調査した結果です。

最も多いのが通院治療という結果になりました。

保険選びでは特に通院補償を重視するのが良いでしょう。

治療期間はどのくらいか?

1日限度額の補償制限のほかに、

日数や回数制限といったものがあります。

特に通院補償で重要になってきます。

そのため、トイプードルの治療期間の傾向を知ることで、

どの程度回数・日数制限に注意をするべきかが見えてきます。

3か月未満の短期治療の割合が大半を占める結果となりました。

そのため長期治療になるリスクが比較的小さいということがわかります。

補償選びでは日数や回数制限に関しては過度に注意する必要はありません。

トイプードルの罹患率傾向

より愛犬に適したペット保険を選ぶには、

愛犬の年齢や性別を考え、どのくらいの病気やケガのリスクがあるかを考慮すると尚良いです。

男の子と女の子の違いは?

男の子と女の子の罹患率はどうでしょうか?

若干ではあるものの、男の子のほうが罹患率が高い結果となっています。

男の子のトイプードルの飼い主さんは、

特に病気やケガのリスクに備える必要があります。

初めて病院にいった年齢は?(予防治療以外)

ペット保険では補償内容のほかに、いつまでに加入するべきか?という問題もあります。

その一つの指標になるのが、トイプードルの初診は何歳ごろが多いか?です。

ただしペット保険は9歳以降になると加入できる会社がぐっと少なくなるので、

それ以前の年齢を前提に考えてみます。

下記は予防接種や健康診断など予防治療以外、

つまり病気やケガで動物病院に初めて行った年齢を調査した結果です。

ほぼ半数が0~2歳とかなり早い段階で病気やケガで初診していることがわかります。

また5歳までの初診割合は約8割となっていることから、

トイプードルはかなり若いうちから病気やケガのリスクが高いということです。

保険に入るのであればなるべく早くすることが賢明でしょう。

病気やケガのリスクが高い年齢は?

次に初診ではなく、病院にいった年齢すべてに回答していただきました。

治療経験数の多い年齢がわかれば、

どのくらいから病気やケガのリスクが高まるかが見えてきます。

結果を見ると6歳までが病気やけがのリスクが高く

7歳以降になると病気やケガのリスクは低くなっていくことがわかります。

つまり病気やケガに備えるなら0~6歳までで、

7歳以降は保険料も加味しながら加入をやめるという選択もでてきます。

トイプードルにおすすめの補償内容

求める補償内容

  • なるべく早めに保険の検討を
  • 通院補償は注目も制限はそこまで気にしない
  • 免責金額はないところがおすすめ
  • 手術補償は1日限度額が高いものを
  • 保険料重視プランで十分

なるべく早めに保険の検討を

調査の結果、0~6歳までが病気やケガのリスクが高く、

初診は0~2歳とかなり早いことから、保険加入はなるべく早く検討することが大切です。

逆に7歳以降の高齢期になると病気やケガのリスクが低くなっているので、

加入をやめるという選択もあります。

このあたりは保険料を加味しながら検討するとよいでしょう。

通院補償は注目も制限はそこまで気にしない

調査で通院治療の割合が多い結果になったことから、

最も重視すべきは通院補償ないようということになります。

ただしトイプードルは治療期間があまり長くならない傾向があるので、

日数制限に対してはそこまで敏感になる必要はありません。

日数制限が20日以上であれば大丈夫でしょう。

免責金額はないところがおすすめ

通院が多くなりやすいトイプードルは免責金額の設定にも注意が必要です。

免責金額とは、補償率に関係なく必ず支払う自己負担額をさします。

例えば免責金額5,000円だとしたら、まず5,000円を負担した後、

補償率をもとに保険金が計算されます。

免責ありの時の保険金計算

保険金=(治療費 ‐ 免責金額)×補償率

つまり免責金額以下の治療費だと一切補償は受けられないということ。

1回あたりは低額になりやすい通院治療とは相性が悪いのです。

 

免責金額には最初の1回だけと、毎回発生するタイプがあります。

最初の1回だけのタイプか免責金額の設定がない保険がおすすめです。

手術補償は1日限度額が高いものを

トイプードルは通院補償が重要ですが、

約3割ほど高額費用になる手術のリスクがあることもわかっていますので、

手術補償も注目してチェックしましょう。

ペット保険によっては手術補償に対して1日支払い限度額が設定されており、

制限を超えた分は補償が受けられません。

手術が年に何度もあることはかなり稀ですので、

回数制限よりも1日限度額設定に注目、

最低10万以上、できれば限度額設定無しの保険を選ぶと、

いざという時安心できるでしょう。

保険料重視プランで十分

保険会社は主に補償重視と保険料重視プランにわかれます。

補償重視は保険料が高く、保険料が重視は補償は少々見劣りします。

調査の結果、トイプードルの治療費は比較的低額で済む傾向にあることがわかりました。

多少高額治療費になるリスクはあるものの、

各社が用意している保険料重視プランで十分補償を受けられる金額です。

過度に補償をよくする必要はありません。

補償内容はほどよく、なるべく保険料の安い会社を選ぶのがおすすめです。

トイプードルにおける各社の保険料

保険料は会社によって、体躯別、病気やケガのリスク別など分け方が様々であり、

犬種ごとに保険料をチェックし、比較するのが大切です。

トイプードルに適した補償内容、

  • なるべく早めに保険の検討を
  • 通院補償は注目も制限はそこまで気にしない
  • 免責金額はないところがおすすめ
  • 手術補償は1日限度額が高いものを
  • 保険料重視プランで十分

を元に、人気保険会社を比較していきましょう。

下記は条件に該当するプランの補償内容と、

トイプードルにおける13年間の総保険料比較です。

会社プラン保険料区分補償内容会社プラン保険料区分補償内容
アニコムふぁみりぃ50%プランAグループ(通院)10,000円×20回
(入院)10,000円×20回
(手術)100,000円×2回
アクサダイレクトプラン50血統種(通院、入院、手術)通算で50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
アイペットうちの子50%小型犬(通院)12,000円×22日
(入院)12,000円×22日
(手術)100,000円×2回
ペッツベストベーシックプランAグループ(通院、入院、手術)通算50万円、1回25万円まで
※回数制限なし
FPC小型犬(通院)12,500円×30日
(入院)125,000円×3回
(手術)100,000円×1回
ペット&ファミリーげんきナンバーわん50小型犬
※体重7.2kg以下
(通院、入院、手術)通算で50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
PS保険50%補償プラン小型犬(通院)10,000円×20日
(入院)20,000円×30日
(手術)100,000円×2回
もっとぎゅっと医療保険スタンダードプラン一律(通院、入院、手術)通算で60万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
日本アニマルオレンジプランⅡ小型犬(通院)5,000円×60日
(入院)10,000円×30日
(手術)30,000円×1回
au損保ペット保険コース50(通院あり)小型犬通院)年間最大20万まで
(入院、手術):年間最大50万まで
※回数、日数制限は無し
日本ペットプラス(旧:ガーデン)プラチナ50小型犬通院、入院、手術補償
50%プラン:通算で50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
あんしんペット保険Lプラン小型犬(通院、入院、手術)通算で70万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し

 

au損保は保険料が非公開の年齢があるため除外

安さと補償内容の良さでみると、

FPCペット保険、ガーデン少額短期保険、ペッツベスト、アクサダイレクト、PS保険などが、

トイプードルに適切な保険だと思います。

トイプードルにおすすめのペット保険会社はどこ!?

5社の中でトイプードルに最もおすすめの保険は、FPCペット保険です。

13年間の総保険料が最も安く、

通院も30日間補償とトイプードルのリスクには十分対処でき、

手術補償も十分な設定といえるでしょう。

高齢になってからも値上がりが少ないため、家計にも優しい保険です。

詳細については下記ランキングページをご参照ください。

FPCペット保険の詳細についてはこちら