世界一小さい犬種のチワワ。人気犬種の王道といっても過言ではありません。

小さくて、目がクリクリしていて、誰もが心を奪われてしまうのも分かります。

そんなチワワにおすすめのペット保険は何でしょうか?

特徴に合わせたペット保険の選び方やおすすめの会社をご紹介します。

チワワの病気とおすすめのペット保険

チワワにあったペット保険選びのポイントは?

ペット保険選びで最も大切なのは保険料とその犬種にとって丁度良い補償内容のプランを選ぶことです。

補償は手厚ければ良いというものでなく、

保険料が高くなったわりに、補償を全然使わなければ無駄払いになってしまいます。

こうした適切な保険を選ぶために以下の順序で見ていくと良いです。

保険選びの流れ

  • 1.かかりやすい病気とチワワの罹患率傾向を知る
  • 2.傾向を見て、求める補償内容を考える
  • 3.求める補償内容をもとに、チワワにおける各社の保険料を確認する

補償内容は補償率だけでなく、年間支払限度額、日数・回数制限、

1日の支払い限度額、免責金額も含めてチェックします。

目次

チワワのかかりやすい病気と罹患率傾向

適切な補償内容を考えるために、かかりやすい病気や罹患率傾向を見てきましょう。

チワワのかかりやすい病気は?

ペット保険会社の調査によるとチワワの場合特に、

皮膚系、消化器系、循環器系疾患による治療が多いという結果になっています。

ただし循環器系は他の犬種よりも件数が多めですが、

他はチワワ以外の犬種と比べて平均的に治療件数が少ない結果にもなっており、

比較的丈夫な犬種といえます。

循環器系の病気は、主に心臓の病気、僧帽弁閉鎖不全症などが代表的です。

この病気は小型犬が比較的なりやすく、その中でも特に小さいチワワはなりやすいといえるでしょう。

そのほかにも、チワワに多い病気として、

  • 水頭症
  • 膝蓋骨脱臼
  • てんかん
  • 気管虚脱
  • 歯周病

があげられます。

 

高額になる場合の治療費の目安は?

ここでは高額な治療費になりやすい僧帽弁閉鎖不全症を見ていきましょう。

基本的に経過を見守る治療が一般的になり、通院治療になります。

毎回心臓の状態を見るための検査や、心臓の動きを助ける内服薬、医療用ドッグフードなどが処方されます。

1回あたりの診察も高額になりやすく、さらに定期通院になるため長期の出費が予想できる病気です。

下記は日本獣医師会による治療費の相場です。

  • 再診料:730円
  • 心電図検査:2,521円
  • ホルター心電計:10,645円
  • 超音波検査:3,698円
  • CBC検査:1,864円
  • 胸部レントゲン:7,911円
  • 小型犬入院費(1日):2,729円 ※通常3~5日入院

このほかに内服薬や心臓サポート用ドッグフードなども必要ですので、月30,000~50,000円程度かかることになります。

 

また加えて病気やケガで治療経験のあるチワワの飼い主さんに、

過去最高でどのくらい治療費がかかったかを調査しました。

1つの病気やけがを治すのにかかった治療費になります。

結果をみると、低額治療費と高額治療費の比率はほぼ同等といえ、

30万以上の超高額費用が8%ほどいるため、リスクが無いわけではありませんが、

丈夫な犬種ゆえに大病や大けがになりにくく、

治療費は他犬種よりは高くはないといえるでしょう。

治療のスタイルは?

ペット保険では主に通院、入院、手術という補償の枠組みがあり、

会社によってどの補償に重点を置いているか違う場合があります。

そのためチワワの治療スタイルの傾向をみることで、

どの補償内容を重視するべきか見えてきます。

下記は病気やケガで治療経験のあるチワワの飼い主さんに、

通院、入院、手術のどのような形式で治療を行ったか調査した結果です。

全体の約6割を通院治療が占めている結果になりました。

チワワの保険選びでは特に通院補償を重視するのが良いでしょう。

ただし高額治療になりやすい手術を2割ほどいますので、

こちらも合わせて補償内容を確認するのがおすすめです。

治療期間はどのくらいか?

ペット保険では補償限度設定があり、

その中に日数や回数制限といったものがあります。

そのため、チワワの治療期間の傾向を知ることで、

どの程度回数・日数制限に注意をするべきかが見えてきます。

調査をしてみると、3か月未満で約6割と、

他犬種と比べると比較的短期間で治療が済んでいます。

ただしアトピー性皮膚炎や白内障など、

完治困難な場合は治療が長引くこともあり、

1年以上が約2割なので、注意が必要です。

 

チワワの罹患率傾向

より良いあったペット保険を選ぶには、

愛犬の年齢や性別を考え、どのくらいの病気やケガのリスクがあるかを考慮すると尚良いです。

男の子と女の子の違いは?

男の子と女の子の罹患率はどうでしょうか?

下記は病気やケガになったチワワの飼い主さんに、性別に関するアンケートを実施した結果です。

若干ではありますが、男の子のほうが罹患率が高い傾向にあります。

そのため男の子の飼い主さんはより、病気やケガのリスクに備える必要があります。

病気やケガのリスクが高い年齢は?

年齢ではどうでしょうか?

下記は予防接種や健康診断など予防治療以外、

つまり病気やケガで動物病院に初めて行った年齢を調査した結果です。

驚くことに約8割の飼い主さんが、

愛犬が3歳までに何らかの病気やケガで動物病院で治療をしています。

つまりチワワは割と早い段階から病気やケガのリスクがあるため、

早めに保険などで備えておく必要があるでしょう。

チワワにおすすめの補償内容

チワワのかかりやすい病気や罹患率傾向をふまえ、

おすすめの補償内容について述べていきます。

求める補償内容

  • 早めに保険加入を検討しよう!
  • 長期の通院治療に対応できる補償内容
  • 手術補償は1日限度額に注目する!
  • 免責金額の設定に気をつける
  • 保険料重視プランがおすすめ!

早めに保険加入を検討しよう!

罹患率傾向からかなり若い段階から病気やケガのリスクがあることがわかりました。

そのため突然の治療費に備えられるよう、

ペット保険の加入は早めの段階から検討するのが良いでしょう。

長期の通院治療に対応できる補償内容

チワワの治療スタイルや期間傾向を踏まえると、

通院治療は重視すべきです。

特に皮膚疾患や循環器系疾患など長期の通院治療になるリスクが高いのがチワワ。

また水頭症やてんかんも根治治療が難しく、長期の投薬治療がメインなため、

通院期間は長くなります。

ペット保険の中には通院治療に対して日数・回数制限や1日限度額を設けているところがあり、

この制限以上は保険金を受け取ることができません。

なるべく日数や回数が十分なもの、もしくは制限無しのペット保険を選ぶと良いでしょう。

手術補償は1日限度額に注目する!

通院治療ほどではないにせよ、手術経験のリスクも

罹患率傾向を見ると一定数あることがわかります。

水頭症や膝蓋骨脱臼、僧帽弁閉鎖不全症、気管虚脱などは外科手術による治療の確率が高く、

高額な治療費になりやすいです。

10~20万ほどはかかる治療のため、手術補償は手厚いものを選ぶのがベスト。

1年に2回以上の手術をすることは稀ですので、

回数制限よりも1日の支払い限度額に注目しましょう。

限度額が十分な額もしくは設定が無いものが良いです。

免責金額の設定に気をつける

通院補償と相性の悪い免責金額の設定については、

無いプランもしくは最初の1回のみ発生するプランを選びましょう。

免責金額は補償率に関係なく我々が必ず自己負担する金額です。

回数が多くなりやすい通院治療では免責金額があると、

思ったように補償を受けられない可能性があります。

保険料重視プランがおすすめ!

チワワは他犬種よりも全体的な治療件数は低く、比較的丈夫な犬種です。

また調査結果からも比較的治療費は抑えられているので、

もしもの時の治療費に耐えられる程度の補償内容で十分で、

不用意にどれもこれも手厚い補償内容のペット保険を選ぶ必要はありません。

ペット保険は、主に3つのプラン傾向があります。

プラン傾向説明各社の主な該当プラン
補償内容重視型プラン保険料が高いかわりに、
補償率、年間最大補償額、限度額の条件が良く、補償内容が手厚い
アニコム:ふぁみりぃ70%プラン
アイペット:うちの子70%プラン
アクサダイレクト:プラン70
ペッツベスト:ファーストプラン
ペット&ファミリー:げんきナンバーわん70
PS保険:100%補償プラン
日本アニマル倶楽部:グリーンプランⅡ
もっとぎゅっと:医療保険プレミアプラン
あんしんペット:Lプラン
日本ペットプラス(旧:ガーデン):プラチナ90
保険料重視型プラン補償率、年間最大補償額、限度額、免責金額設定など補償内容をある程度抑える代わりに、保険料が安いアニコム:ふぁみりぃ50%プラン
アイペット:うちの子50%プラン
アクサダイレクト:プラン50
FPCペット保険
ペッツベスト:ベーシックプラン
ペット&ファミリー:げんきナンバーわんSlim50
PS保険:50%補償プラン
日本アニマル倶楽部:オレンジプランⅡ
もっとぎゅっと:医療保険スタンダードプラン
au損保ペット保険:コース70%
あんしんペット:Mプラン
日本ペットプラス(旧:ガーデン):プラチナ50
超保険料重視プラン通院、入院、手術などのうちどれかを補償対象外にすることで、さらに保険料を抑える。通院保険や手術保険が該当アイペット:うちの子ライト
ペッツベスト:アクシデントプラン
日本アニマル倶楽部:ホワイト、ブループランⅡ
もっとぎゅっと:手術保険プレミア、スタンダードプラン
au損保ペット保険:コース50%
あんしんペット:Sプラン
日本ペットプラス(旧:ガーデン):ゴールド、パールプラン

 

チワワの場合は通院保険や手術保険では不十分ですが、

通院、入院、手術を補償するのであれば保険料重視型プランで十分です。

チワワにおける各社の保険料

保険料は会社によって、体躯別、病気やケガのリスク別など分け方が様々であり、

犬種ごとに保険料をチェックし、比較するのが大切です。

チワワに適した補償内容、

  • 長期の通院治療に対応できる補償内容
  • 手術補償は1日限度額が良いもの
  • 免責金額の設定が無い、もしくは1回のみ
  • 保険料重視のプラン

を元に、人気保険会社を比較していきましょう。

下記は条件に該当するプランの補償内容と、

チワワにおける13年間の総保険料比較です。

会社プラン保険料区分補償内容会社プラン保険料区分補償内容
アニコムふぁみりぃ50%プランAグループ(通院)10,000円×20回
(入院)10,000円×20回
(手術)100,000円×2回
アクサダイレクトプラン50血統種(通院、入院、手術)通算で50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
アイペットうちの子50%小型犬(通院)12,000円×22日
(入院)12,000円×22日
(手術)100,000円×2回
ペッツベストベーシックプランAグループ(通院、入院、手術)通算50万円、1回25万円まで
※回数制限なし
FPC小型犬(通院)12,500円×30日
(入院)125,000円×3回
(手術)100,000円×1回
ペット&ファミリーげんきナンバーわん50小型犬
※体重7.2kg以下
(通院、入院、手術)通算で50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
PS保険50%補償プラン小型犬(通院)10,000円×20日
(入院)20,000円×30日
(手術)100,000円×2回
もっとぎゅっと医療保険スタンダードプラン一律(通院、入院、手術)通算で60万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
日本アニマルオレンジプランⅡ小型犬(通院)5,000円×60日
(入院)10,000円×30日
(手術)30,000円×1回
au損保ペット保険コース50(通院あり)小型犬通院)年間最大20万まで
(入院、手術):年間最大50万まで
※回数、日数制限は無し
日本ペットプラス(旧:ガーデン)プラチナ50小型犬通院、入院、手術補償
50%プラン:通算で50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
あんしんペット保険Lプラン小型犬(通院、入院、手術)通算で70万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し

 

チワワにおける各社の13年間総保険料比較

安さと補償内容の良さでみると、

FPCペット保険、ガーデン少額短期保険、ペッツベスト、アクサダイレクト、PS保険などが、

チワワに適切な保険だと思います。

チワワにおすすめのペット保険会社はどこ!?

5社の中でチワワに最もおすすめの保険は、FPCペット保険です。

13年間の総保険料が最も安く、

またチワワのリスクが高い通院も30日間補償と十分で、

手術補償も十分な設定といえるでしょう。

高齢になってからも値上がりが少ないため、家計にも優しい保険です。

詳細については下記ランキングページをご参照ください。

FPCペット保険の詳細についてはこちら