どんな病気?症状は?

犬の急性膵炎はどの犬種でも起こりうる病気で、比較的発生頻度が高く、かつ緊急性も高い病気です。元気にしていたにも関わらず、繰り返し吐くようになり、元気がなくぐったりしているという主訴で病院を来院することが非常に多いです。

膵臓とは様々な消化酵素を分泌したり、ホルモンを分泌したりと、多様な役割を担っている臓器です。本来膵臓から分泌される消化酵素が、何らかの原因によって膵臓の中で活性化してしまい炎症を起こしてしまう病気です。(膵臓から分泌されている蛋白分解酵素が活性化してしまうと、たんぱく質で出来ている膵臓はもちろん分解され、炎症を起こしてしまうということです。)

症状は食欲低下~廃絶、腹痛、元気消失、嘔吐、下痢、発熱などが見られます。症状には個体差がありますが、膵炎の犬は強い腹痛を訴えることが多く、お腹を丸めて触っただけですごく怒ったり、伏せの状態でお尻だけ高く上げた姿勢(祈りの姿勢とも呼ばれます)をとることはこの病気の特徴とも言われます。比較的症状が軽い場合には経過が良好なこともありますが、重症の場合はショック状態になったり合併症を併発して、多臓器不全になって亡くなってしまう可能性もあるほどの命に関わる病気です。

原因は?

脂肪分の多い食事を日常的に摂取している犬や肥満犬は膵炎を起こすリスクが非常に高いです。その他、繰り返し吐き気をもよおす病気(異物、腫瘍、その他)で、膵液が膵臓に逆流してこの病気になることがあります。

また、基礎疾患としてクッシング症候群や上皮小体機能低下症などのホルモン疾患があることもあります。この他にも、外傷や手術、薬物の投与が膵炎発症の要因となることがあります。

病院で必要な検査、治療法は?

血液検査やレントゲン検査、超音波検査は必要な検査になるでしょう。血液検査では体の全身状態を知るだけでなく、膵特異的リパーゼという膵炎の際に著名に上がる酵素を検査することもできます。(採取した血液を外部の検査センターに依頼して検査をしてもらいます。)レントゲン検査や超音波検査ではその他の体の中の異常や膵臓自体の異変を知ることもできる検査です。その他の検査は動物病院によっても異なるでしょう。

急性膵炎と診断された際には入院をして集中的に治療を行う必要があります。ただ、膵炎には特効薬があるわけではなく、治療法は安静と支持療法です。膵炎の際には絶水絶食が必須になります。ただ、飲まず食わずの状態では脱水が進むので点滴を行いながら、吐き気止めや抗生物質、鎮痛剤等を用いて治療を行います。(膵臓から分泌される蛋白分解酵素によって膵臓の炎症が助長されるので、蛋白分解酵素阻害薬を用いることもあります。)重症時、ショック状態になった際、もしくは合併症を併発した際にはそれに応じた処置が必要です。

そして膵炎では一度炎症を起こしてダメージを受けてしまった膵臓は元通りに戻るわけではないので、治療後も食事の管理が必須です。基本的には低脂肪の食事を一生与えなくてはいけません。高脂肪の食事はNGです。また食事の回数や量は獣医師の指導のもと、きちんと食事管理を行いましょう。(基本的には適切な食事を少量・頻回与えることがベストだと言われています。)

どんな犬種がなりやすい?

ミニチュアシュナウザー、アメリカンコッカースパニエル、ウエストハイランドテリアなどの犬種で多く発生が見られますが、その他の犬種でもおこる病気です。中齢以降で、雌で多く発生すると言われています。

主な予防法は?

肥満には要注意

膵炎にならないように予防する上では、バランスの良い食事を心がけること、そして日常から肥満にならないように適切な運動を行うことです。人間の食事をほしがる犬も多いと思いますが、人間の食事は犬にとっては高脂肪であることが非常に多いです。小さい時から習慣的として人間の食事は与えないこと、犬用のおやつも量を加減して与えることはとても大切であると言えるでしょう。

早期発見、そして早期に治療をスタートすることを心掛けましょう。

膵炎は早期に発見し、早期に治療をスタートすることがとても大切です。長期間放置してしまうと、膵臓のダメージはその分だけ大きくなることは言うまでもありません。病気自体が重症化したり、合併症を併発してしまう可能性があります。

初期の症状は嘔吐や下痢かもしれません。ぱっと見たら、胃腸炎と見分けがつかないこともあります。ただ、膵炎は恐ろしい病気です。異変を感じたら動物病院に早急に連れて行ってあげることをおすすめします。

※膵炎になったことのある犬は、一度治っても再度繰り返してしまう可能性が大いにあります。異変があったらすぐに動物病院を受診しましょう。