どんな病気?症状は?

膝蓋骨(しつがいこつ)とは膝の骨にあるお皿の骨のことです。この膝蓋骨がひざの関節から外れる(=脱臼する)病気を膝蓋骨脱臼といい、犬では比較的多い整形外科疾患です。(膝蓋骨が内側に脱臼する場合が多くみられます。)

膝蓋骨が脱臼する際にスキップのような歩様が見られたり、痛みから足を挙げてしまうこともあります。骨格の変形がひどい犬は足をつくことが出来ないほどの痛みを訴えることもあります。症状は重症度によって4段階に分けられるので、獣医師による診断を受ける必要があります。ただこの病気をもっていても、特に症状は見られず、動物病院での検診の際に偶然見つかる犬は少なくありません。

原因は?

生まれつき膝蓋骨がおさまっている関節の溝の構造が浅い、もしくは関節を支える靭帯や筋肉のバランスが悪い場合に起こります。元々は少し関節がゆるい程度の状態でも、発達に伴って脱臼しやすくなることも少なくありません。

そして、進行すると骨格も変形し、さらに脱臼しやすくなってしまうという悪循環に陥ることもあります。(部屋の中でよく滑る、後ろ足で立ってジャンプをするなどの生活習慣は非常に膝に負担をかけるので、悪化する要因になります。)この病気は後天的に外傷によって起こる場合もありますが、圧倒的に前者の先天的な場合の方が多いです。(遺伝的な関連が示唆されています。)

病院で必要な検査、治療法は?

膝蓋骨が脱臼するか否かは獣医師による触診で診断がつきます。特に症状が見られなくても脱臼する犬はいるので、一度は必ずしっかりと触診をしてもらいましょう。その他、レントゲン検査を実施すると骨格の変形の具合、関節の中の炎症の状態が分かるので、必要に応じて検査をうけることをおすすめします。

膝蓋骨脱臼の治療法は症状によって、そして獣医師によっても大きく見解が分かれる病気です。(対症療法で付き合っていく方法~積極的に手術を行う方法など、沢山の治療方があります。)症状が比較的軽い場合は体重の管理や、生活環境の改善(滑らせないようにカーペットを敷く、肉球の間の毛をきちんとカットする等)、また、必要に応じて薬を併用することで付き合っていくことが出来ることも多くあります。

でもこれは根本療法ではありません。脱臼による関節に対する負担が大きく、関節炎が長引いて、将来的に痛みが出てくる可能性はもちろんあります。逆に積極的に根本的な治療を目的として、手術を行った場合はその後のリハビリや管理も必要になるので、簡単ではありません。手術をしてもあまり状態が改善できない状態の犬もいます。このような理由で、見解が分かれているのです。

治療方法に関しては飼い主さんが納得のいくように、きちんと獣医師と話し合いの上決めましょう。発症年齢や病気の経過、性格や体型、年齢、その他の病気など様々な要因を加味して考える必要があります。

どんな犬種がなりやすい?

膝蓋骨脱臼になりやすいのはトイプードルやチワワ、ポメラニアンなどの今人気のミニチュア種・トイ種で多く見られます。もちろん他の犬種でも起こることはありますので、どんな場合でも、子犬を飼ったらまず動物病院で膝の状態をしっかりとチェックしてもらいましょう。

主な予防法は?

予防する方法としては下記のものが挙げられます。

滑らせないようにカーペットを敷く

滑ることは膝に負担をかけるので、膝蓋骨が脱臼しやすくなる可能性があるほか、腰の骨にも非常に負荷がかかります。フローリングの家ではカーペットやコルクマットを敷く、滑りにくい塗装をするなどの必要があるでしょう。

肉球の間の毛を綺麗にカットする

肉球は本来滑り止めとして活躍します。ただ、肉球の間にも毛はびっしり生えているので、カットをしないと毛で肉球がおおわれて滑り止めとして機能しなくなっている犬も少なくありません。動物病院やトリミングサロンで、肉球の間の毛をしっかりときれいにしてもらいましょう。(犬の性格によっては家でこのケアが出来る場合もあります。)

太らせない

肥満は膝に限らず、股関節や、肘関節、腰の骨にも大きく負担をかけます。関節を支える上では筋肉も必須なので痩せすぎはNGですが、太りすぎないよう、しっかりと飼い主さんがケアをしてあげることが大切です。食事の量や種類によるコントロール、そして適度な散歩も重要です。

サプリメントを補助的に飲む

関節を保護するサプリメントは、沢山販売されています。膝蓋骨が脱臼する犬は痛みがない状態でもサプリメントを補助的に飲むことはおすすめします。(痛み止めの飲み薬は痛みがなければ必要がありません。)サプリメントは動物病院でも多数取り扱われているので、是非動物病院で問い合わせてみることをおすすめします。

そして、もし何らかの症状がある場合には早急に動物病院を受診することをおすすめします。前にも書いたように、長期間放置することで骨格が変形したり、関節炎が助長されたりする病気です。症状の重症度に応じて、適切な治療を受けましょう。