どんな病気?症状は?

気管とは、のどから肺へつながる空気の通り道で、ホースのような形をしています。
気管の作りは、簡単に言うとCの形をした軟骨が靭帯でつながっており、上の軟骨のない部分は膜性壁という筋肉で覆われているというイメージです。通常であればいくら強く呼吸をしても、気管がつぶれることはもちろんありません。
でも、気管虚脱という病気は『気管を形成する軟骨が弱くなりつぶれてしまい、膜性壁がのびてしまう状態』なのです。つまり、呼吸が出来なくなってしまうのです。一度、気管の形が変形してしまうと元に戻らないため、それ以上の悪化を防ぐことを目的として治療を行う必要があります。
気管虚脱になると、ガーガーとガチョウのような鳴き声の咳をすることが特徴的と言われています。このような咳が続くと、呼吸困難を起こしチアノーゼを起こし、失神してしまうこと、そして、もちろん窒息死してしまうこともあります。これらの症状は興奮した時や、運動時、首輪などで首を圧迫した時に悪化することが多いです。
病状は徐々に悪化することもありますが、多くは突然これらの症状が出るようになるようになります。(気管虚脱をもっていても無症状で、いつの間にか進行して、ある日突然症状が出るということです。)
いずれにせよ気管虚脱は適切な治療を行わず、気管に負担がかかる状態が続くと、更に強い力で息を吸うため、更に気管に負担がかかりつぶれるというような悪循環に陥る可能性があります。

原因は?

気管虚脱の原因は明確になっていませんが、下記のような要因が考えられています。
遺伝的要素(生まれつき気管が変形しやすい)・飼育環境(日頃暑い環境にいる、過度の運動をする、興奮しやすい性格など)・外的圧迫(首輪などによる気管の圧迫、肥満による気管の圧迫など)などです。

病院で必要な検査、治療法は?

レントゲン検査で気管の状態を把握する必要があるでしょう。気管虚脱を起こしている部位は、正常の太さに比べて細くなっているので、ほぼ確実に診断することができます。また、レントゲンを撮影すると肺や心臓に異変がないかを知ることもできます。レントゲンは麻酔も必要がないので、犬にも負担が少ない検査です。
治療法は、外科的に気管を広げる手術を行う方法しか、根治を目指す療法はありませんが、高度な技術を要する手術なため、あまりこの治療を行っている病院がありません。多くの場合内科的に治療を行うことが多いです。ただ、あくまでも対症療法なので、根治を目指すものではありません。炎症や痰や、興奮が症状を悪化させる要因になるので、これらを止める治療を行います。しかし、気管虚脱は徐々に進行していく病気なので、内科療法で付き合っていってもまた症状がひどくなり、手術を要するような状態になる可能性もあるかもしれません。獣医師ときちんと今後のことを話し合った上で、治療方針を決めていきましょう。

どんな犬種がなりやすい?

・トイ種(トイプードル、チワワ、ヨークシャーテリア、ポメラニアン、マルチーズ):これらの小型犬には発生が比較的多いので遺伝的な関連も示唆されています。
・肥満犬:物理的に気管周囲の脂肪によって気管がつぶされるので、気管が変形しやすくなってしまいます。
・短頭種(パグ、フレンチブルドッグ、イングリッシュブルドッグなど):鼻道が狭く胸がぎゅっとつまった体型をしているため、他の犬よりも強く息を吸わなくてはならず、息を吸う度に気管内に負担がかかることも要因として考えられています。
・中高齢以降の犬:加齢性の変化により、気管が変形しやすくなります。

主な予防法は?

気管虚脱は、遺伝的なもの、加齢性の変化などの要因も関わっていると考えられる病気なので、完全な予防法はありませんが、呼吸器への負担をかけない生活を心掛けましょう。
・高温の環境に気をつけ、呼吸に負担をかけないように気をつけましょう。
夏の高温多湿の空間では、心拍数が増え、呼吸も荒くなります。過ごしやすい環境を整え、心臓や呼吸器への負担を少しでも減らしてあげましょう。

ハーネスに変更しましょう

首輪は散歩のときに、気管を直接圧迫してしまい、気管虚脱の要因となってしまう可能性があります。(気管虚脱まではいかなくても、ぐっと首輪をひっぱってしまうと、咳が出ることがあります。)そのため、首に負担をかけないハーネス(胴輪)に変更してあげることをおすすめします。

太りすぎは要注意

前述のように、肥満になると気管虚脱のリスクも上がります。その他にも、内臓の病気や関節の病気、心臓病などを引き起こす危険性も大きいので、まさに肥満は百害あって一利なしです。特に気管虚脱の場合は、一度軟骨が変形してしまうと、その後も一生付きあっていかなくてはなりません。飼い主さんが責任をもって体重の管理をしてあげましょう。