どんな病気?症状は?

僧帽弁閉鎖不全症は犬の心臓病の中で最も多い病気です。僧帽弁(そうぼうべん)とは、左心室と左心房の間にある弁で『心臓が収縮するときは弁が閉まることで血液の逆流を防ぐ』という重要な働きをしています。

この僧帽弁が完全に閉鎖しない状態が僧帽弁閉鎖不全症であり、本来全身に送られるはずの血液が、収縮の際に左心房にも逆流してしまいます。この状態が続くと、心臓は心拍数を増やしたりして心臓の機能を補おうとします。でも、いずれは左心房が大きくなり、肺に負担がかかるようになり、心不全へと移行します。僧帽弁閉鎖不全症が発症しても、初期は無症状ですが、運動時に症状がみられるようになり、更に進行すると安静時でも症状がみられるようになっていきます。

症状としては『息が荒い』という症状が一番分かりやすいかもしれません。散歩のときに疲れやすくなったり、動かなくなってしまうというのは飼い主さんがよく訴える症状です。また、抱き上げた時に、心臓が圧迫されて突然『キャン』と鳴いて痛がることを主訴に病院を来院する飼い主さんも多いです。

症状が進むと、咳をしたり、興奮した時にチアノーゼが見られたり(舌の色が真っ青になる)、散歩のときに失神することもあります。心臓の逆流の音が静かな部屋だと聞こえるほどになることも。激しく咳き込んで、ピンク色の痰(泡のような)を吐くようになると、病状は末期です。

原因は?

僧帽弁に粘液腫様変性という変化が起こることが主な原因と考えられていますが、この変性の原因は不明です。(粘液腫様変性が起こることで、弁がきっちりと閉まらなくなってしまい、逆流が生じます。)

この僧帽弁の変性に関して遺伝的な関連が示唆されている犬種もあります。(キャバリアキングチャールズスパニエル)

病院で必要な検査、治療法は?

病院では血液検査、レントゲン検査、超音波検査が必要になるでしょう。血液検査は心不全に伴って低下する腎機能や肝機能を調べるために行います。レントゲン検査は心臓のサイズや気管の圧迫程度、肺水腫の程度などを知る上で有効です。超音波検査(エコー検査)では、心臓の中の状態、弁の状態や血液の逆流などを知ることが出来るため、大切な検査です。

僧帽弁閉鎖不全症を治療する上では、症状を緩和することを目的とするものであり、完治を目的としたものではありません。残念ながらこの病気を完全に治すことのできる治療法はないのです。基本的には飲み薬による治療を主軸において行います。(ACE阻害薬、血管拡張薬、利尿剤など)その他にも食事療法、体重管理、安静などは病気を治療していく上で大切になってくるでしょう。

どんな犬種がなりやすい?

キャバリアキングチャールズスパニエル、チワワ、ポメラニアン、マルチーズ、シーズー、プードルなどの犬種で多く見られますが、基本的にどの犬種でも起こりうる病気です。中高齢以降での発症が多いです。

主な予防法は?

明確な予防法はありません。原因が明確になっていないためです。でも、この僧帽弁不全を管理していく上で重要なことはいくつかあります。

定期健診を受けましょう

心臓病がある場合、3-6カ月おきに定期健診が必要になります。心臓病は基本的に進行性の病気です。定期的に健診を行い、現在の心臓の状態にあった薬を飲む必要があります。3-6カ月おきとは言っても、人間に換算すると、3か月おきの定期検診といっても1年おきということです。

薬はきちっと飲ませる

心臓病の薬は基本的に毎日飲ませなくてはいけません。与え方が中途半端になってしまい、忘れてしまうことは絶対にないようにしましょう。逆に心臓に対して負担になってしまう可能性もあります。早期に薬による治療を開始することが出来れば、薬の種類も少なく、しかも延命効果も大きいと言われています。飼い主さんが責任をもってしっかりと管理してあげましょう。

過度に興奮させない

過度の興奮は心臓病を持つ犬にとっては避けたいです。シャンプーやトリミングなどをお願いするときは、サロンにしっかりと説明しておきましょう。動物病院併設のトリミングサロンを利用することもおすすめです。

散歩や運動の制限をしてあげましょう

どんなに運動や散歩が好きでも、心臓病があると、疲れやすかったり、息がきれやすかったり、ひどいと失神してしまう場合も。坂道を避ける、階段を避けるなどの散歩ルートの変更や、距離の変更など、犬の体調に合わせて変更してあげましょう。

※症状が悪化しているときはもちろん散歩や運動はNGです。獣医師の指示に従いましょう。

太らせない

人間と同じで、太っていると心臓に対する負担は大きくなります。少し太りぎみな犬は少しダイエットを心掛けましょう。