どんな病気?症状は?

メスの犬の子宮に細菌の感染が起こり、膿が溜まる病気です。中高齢の避妊手術をしていない雌犬に比較的多くみられます。放置すると細菌感染の影響でショックの状態になったり、腎不全になったりと、命に関わるほどの危険な状態になります。

症状としては、陰部から膿やおりものが排出される場合(開放型)と、排出されない場合(閉鎖型)があります。排出される開放性の場合は飼い主さんが気付く可能性も大きいですが、犬が舐め取ってしまい気付きにくいこともあります。このように目に見えて分からない場合は、食欲不振や元気消失などの漠然とした症状を訴えて動物病院を受診することも少なくありません。

その他、多飲多尿といって『たくさん水を飲み、たくさん尿をする』症状や吐き気、下痢等がみられることもあります。状態は日に日に悪化してしまい放置すると死亡率は100%です。

原因は?

最も多いのは大腸菌の感染です。特に発情期から1-2カ月は性ホルモンの影響もあり、細菌に対する抵抗性が落ち、感染がおこりやすい時期になるので、この時期に起こることが多いです。いつ発情の出血があったかどうかは、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

また、発情期の度に子宮内膜が肥厚するので、高齢になって発情期を繰り返すほど子宮蓄膿症になりやすくなります。でも、若い犬でも発症ことはありますので十分な注意が必要です。(避妊手術をしていなければ必ず子宮蓄膿症になるわけではありませんが、避妊手術が済んでいる犬はこの病気になることはありません。)

病院で必要な検査、治療法は?

病院では最低限、血液検査・レントゲン検査・超音波検査(エコー検査)等は必要になるでしょう。血液検査は、全身の状態を把握する目的、レントゲン検査や超音波検査で子宮の状態を確認する目的で行います。子宮蓄膿症になると、腎不全や、敗血症、DICなど命に関わる状態になっている可能性もあるので、現状を把握するという意味で検査は必須になります。(手術を行うに際して、血液凝固系の検査を行うこともあります。)

治療は外科的に卵巣と子宮を切除する手術をするしか方法はありません。もちろん子宮蓄膿症の状態で麻酔をかけた処置をすること自体、危険を伴うことは言うまでもありません。でも、手術をせずに様子を見ても一向に状態はよくなるわけではなく、どんどん体力が消耗し、状態も悪化していきます。手術を行って治療をするということでしか治ることはない病気なのですが、危険を伴うなどリスクやデメリットは覚悟しなくてはなりません。最終的に決断をするのは飼い主さんなので、獣医師にしっかりと説明を受け、メリットデメリットを天秤にかけで決めましょう。

インターネット上にも『一過性に薬で膿を排泄させ、抗生物質等を使用する治療法もあります』と記載もありますが、この治療法はとても危険を伴いあまり治療後の反応もよくありません。次の発情期の後には、再び子宮蓄膿症を再発して危険な状態になる可能性がとても高いです。(そして、膿が排出されない場合の状態の時は、この治療をした際に子宮が破裂し、膿がおなかの中に出てしまう可能性もあります。こうなると腹膜炎が起こり、一気に命に関わる状態になってしまうのです。)

手術の後は、抗生物質や点滴による治療を併用して体力の回復につとめます。ただ、この病気は前述のように腎不全やDICなどを伴う場合とても危険を伴います。きちんと獣医師と相談を受けましょう。

どんな犬種がなりやすい?

特に犬種によって子宮蓄膿症になりやすいという差はないでしょう。一様に、中齢以降の未避妊の雌はこの病気の危険性が高いです。

主な予防法は?

早期に避妊手術を受ける

子宮蓄膿症は女性ホルモンの影響を受けて起こるので、避妊手術でしか予防をすることが出来ません。このように書くと、予防的に行う避妊手術も子宮蓄膿症になった際の手術と同じように聞こえるかもしれません。そのため、『いざ病気になったら手術をすれば良い』と考える飼い主さんも少なくないかもしれません。でも、子宮蓄膿症になって体力が低下した際に麻酔をかけて手術をしなくてはいけないという体への負担や危険性は言うまでもないのです。年齢もある一定以上になってからしか起こらない病気なので、年齢を考えても体に対する負担が大きくなることも言わずもがなです。

避妊手術の他には予防となるような方法はないので、もし繁殖を目的としない場合は避妊手術を若いうちに受けることをしっかりと検討しましょう。ただ、避妊手術もメリットデメリットを伴いますので、十分に獣医師に相談の上決定することをおすすめします。

最後になりましたが、何か異変があった場合は早急に動物病院を受診することが回復への近道です。