どんな病気?症状は?

前十字靱帯は膝を安定させるための太い靭帯で大腿骨と脛骨をつないでいます。脛骨が大腿骨よりも前に飛び出ないように、そして、内側に回転しないように働きます。この前十字靱帯が断裂することが、前十字靱帯断裂という病気です。小型犬~大型犬まであらゆる犬で起こる可能性のある病気です。

前十字靱帯一部もしくは完全に断裂してしまうと、膝の関節は不安定になり、痛みを伴い、跛行が見られます。跛行の程度は症状によって様々で、全く足に負重できないほどの跛行から、軽度の跛行まで様々です。

症状は急性症状と慢性症状があります。

  • 急性症状は
    急にキャンと鳴いて靭帯が損傷した肢を地面につくことができない状態になります。フリスビーなどの運動を活発に行う若い犬で急にターンをしたり、ジャンプをした際に起こることがあります。
  • 慢性症状は
  • 慢性的に跛行が見られるというもので、いずれ部分~完全断裂に至ります。中齢~高齢犬で見られます。

原因は?

外傷によって靭帯が断裂することもありますが、膝蓋骨内方脱臼などの病気に続発して起こることが多いです。免疫学的な炎症があり靭帯が断裂することもありますが、純粋な外傷性の脱臼は稀です。

病院で必要な検査は?治療法は?

まず、身体検査や歩行検査を行います。(そして、前十字靱帯断裂の整形外科的な検査があり、鎮静下でこの検査を行うことも診断の上で有効です。)レントゲン検査を行うと、関節の状態、骨の変位の状態などを知ることもできます。

さらに踏み込んだ検査として、関節液の検査は、他の膝関節疾患(自己免疫性疾患など)との鑑別をする上で有効です。病院によっては関節鏡を使って、関節内の状態を見る検査を行うこともあります。

治療の目的は、痛みと後ろ脚の機能の改善と、関節炎の進行を抑えることです。内科的に薬で治療を行う方法と、外科的に手術で治療を行う方法がありますが、症状や経過、体重、犬種などの様々な要因を加味して治療法を検討する必要があります。

内科的な治療法は痛み止めの薬の内服をしながら、安静にします。また必要に応じて体重の減量を行います。小型犬(体重が10kg以下)の犬はこれのみで痛みが取れ、機能が回復することもあります。ただ、これでも痛みが改善されない場合は外科手術による治療を行うことが多いようです。

外科的な治療法は関節を安定化させるための様々な方法があり、犬の状態によって選択されます。中型犬(10kg以上)~大型犬、または症状が改善しない場合の小型犬では外科手術が適応になります。治療法に関しては十分に獣医師と相談をする必要があるでしょう。

どんな犬種がなりやすい?

ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、バーニーズマウンテンドッグ、ロットワイラーなどの大型犬、ウェルシュコーギー、ビーグルのなどの中型犬での発生が多いです。その他、膝蓋骨内方脱臼という病気に併発して前十字靱帯が断裂することが多いので、膝蓋骨脱臼の好発犬種であるトイプードル、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア、マルチーズなどのトイ種、ミニチュア種では起こりやすいです。

主な予防法は?

太らせない。

関節疾患を予防する上で非常に大切なことが肥満の予防です。人間と同様で、肥満になると関節に対する負担が大きくなります。体重を少しでも減量することで、関節への負荷が減り、痛みを訴えることが減ることもあります。犬にとっての適正体重を守ることはとても大切なので、飼い主さんがきちっと管理をしてあげましょう。体重に関してはかかりつけの獣医師に相談してみることをおすすめします。

滑らせない。

膝や腰への負担をかけないために、日常的に滑らせない環境を作ってあげることはとても大切です。日常的に関節に負担がかかっていると、関節内で炎症がおきたり、関節を安定化させるために骨の変形がおきたりもします。フローリングの床にはカーペットやコルクマットを敷くか、滑りにくい塗装を施してあげましょう。

肉球の間の毛はきれいにカットしましょう。

滑らせないために、肉球の間の毛をきれいにカットしてあげることも大切です。肉球は本来【滑り止め】として活躍するものです。ただ、毛が肉球を覆ってしまうと滑り止めとしては意味がなくなってしまいます。ご家庭でバリカンを使ってカットしても良いですし、サロンや動物病院で定期的に綺麗にしてもらうことをおすすめします。

過度な運動には要注意。

過度にジャンプさせたり、激しい運動をさせ、過剰に靭帯に負荷がかかると靭帯を損傷してしまいます。万一この病気を疑うようなことがあったら早急に動物病院へ連れて行きましょう。また、小型犬は特に後ろ足でぴょんぴょんジャンプする姿勢をよく目にしますが、これは関節に負担が大きく、関節炎を起こす可能性があります。将来的に靭帯を損傷したり、膝だけでなく腰に痛みが出る可能性も。是非気をつけていただきたい習慣です。