SBIペット保険資料の写真

SBIいきいき少額短期保険株式会社が提供するペット保険が、

『いきいき小短のペット保険』です。

SBIホールディングスの関連会社で、SBIといえば金融商品が有名ですが、

ペット保険に関して補償内容や評判はどうなのでしょうか?

保険プラン内容を整理してみよう!

プラン名保障範囲保険料最安保険料最高免責金額補償率回数・限度額年間最大補償額
プラン70スタンダード病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:2,100円
中型犬:2,380円
大型犬:3,150円
猫:1,960円
小型犬:4,620円
中型犬:5,460円
大型犬:7,490円
猫:3,290円
無し70%回数・1日限度額無制限
70万
プラン50スタンダード病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:1,500円
中型犬:1,700円
大型犬:2,250円
猫:1,400円
小型犬:3,300円
中型犬:3,900円
大型犬:5,350円
猫:2,350円
無し50%回数・1日限度額無制限
50万
プラン70ライト病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:980円
中型犬:1,050円
大型犬:1,260円
猫:910円
小型犬:1,610円
中型犬:1,890円
大型犬:2,450円
猫:1,190円
1日あたり7,000円70%回数・1日限度額無制限
70万
プラン50ライト病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:700円
中型犬:750円
大型犬:900円
猫:650円
小型犬:1,150円
中型犬:1,350円
大型犬:1,750円
猫:850円
1日あたり5,000円50%回数・1日限度額無制限
50万

加入可能年齢更新可能年齢特約割引制度請求方法
11歳まで終身無しWEB申し込み10%OFF後日郵送方式

 

SBIのペット保険は全部で4つのプランにわかれます。

大きく分けて免責金額ありとなしにわかれ、補償率は50%と70%です。

補償範囲はすべてのプランで病気・ケガによる通院、入院、手術を補償しますので、

補償率と免責ありなしの観点から保険プランを選ぶことになります。

ペット賠償責任特約は無し

SBIのペット保険では賠償責任特約はありません。

またその他の特別な特約もありません。

保険料の考察

特徴をまとめると…

  • 保険料は安い階段型
  • 高齢期もうれしい値上がりなし
  • 大型犬以外は業界最安級!
  • ライトプランはおすすめできない

 

保険料は安い階段型

※横にスクロールすると、各保険料が見れます。
※点をクリックすると詳しい保険料が見れます。

 

SBIペット保険の料金体系は階段型を採用しています。3歳ごとに保険料が上がる形です。

階段型は総じて保険料が安い傾向にあり、SBIも例外ではありません。

高齢期もうれしい値上がりなし

全体的に安いだけでなく、12歳以降一切値上がりがないこともポイントが高いです。

最近は犬猫ともに高齢化が進んでいますから、

高齢期の保険料が値上がりするか否かは重要です。

大型犬以外は業界最安級!

SBIペット保険の安さを検証するために、

国内人気保険会社において0~12歳の総保険料を比較しました。

同条件にするため、免責なし、補償率50%のプラン50スタンダードで比較します。

※犬種or猫をクリックすると総保険料が見れます。


見てわかるように他社と比較してもかなり安いことがわかります。

さらに免責なし、補償率70%のプラン70スタンダードで比較します。

※犬種or猫をクリックすると総保険料が見れます。


※各社の補償重視プランを比較し、補償率、補償内容は一律ではありません。

こちらに関してはかなり安い分類に入ります。

SBIペット保険のWEB申し込み10%OFFは一度適応されると、

継続するうちはずっと適応なので(電話確認済み)、

さらに安くなり、小型犬、中型犬では最も安く

猫もペッツベストに続く安さになります。

唯一大型犬のみ特別安くはないので、

安さで検討するのであれば、別の保険が良いでしょう。

ライトプランはおすすめできない

保険料の安さのみ追及するなら、ライトプランが検討に入ってきますが、

個人的にはおすすめできません。

確かに保険料は格段に安くなりますが、免責金額が発生するのがいただけません。

 

免責金額は補償内容に関係なく、必ず飼い主さんが支払う金額のことです。

特に通院治療で影響を受けやすい項目で、

場合によっては補償を一切受けられない場合もあるのです。

これでは保険に入っている意味がありません。

 

厳密に言うと免責にも種類があるのですが、

SBIのペット保険は『1日ごとに発生』という最も免責が重い設定です。

例えばプラン50ライトは1日5,000円の免責発生ですから、

通院治療に1万円かかったとすると、

補償金=10,000円×50%-5,000円=0円

と補償が一切なくなってしまいます。

 

ペット医療では最も通院治療が多いため、

免責はないプランを選ぶのがおすすめです。

補償内容についての考察

特徴をまとめると…

  • 補償内容は標準的な内容
  • 使いやすい日数・回数、1日限度額無制限
  • 年間補償限度額は高くはない

 

補償率は標準的

一般的なペット保険は補償率50、70%プランが用意されており、

SBIペット保険も例外ではない設定です。

使いやすい日数・回数、1日限度額無制限

ペット保険の中には通院、入院、手術それぞれに、

日数・回数、1日支払い限度額が設定されていることがあります。

この制限を超えてしまうと補償されなくなってしまうのですが、

SBIのペット保険では年間限度額を超えない限りは無制限ですので、

こうした心配がいらないのがメリットです。

特に通院日数がおおくなる病気やけがになったときに効果を発揮します。

最近では無制限のペット保険はめずらしくはないので、

SBIペット保険だけのメリットではありませんが、

使いやすい保険といえるでしょう。

年間補償限度額は高くはない

いくら日数・回数、1日限度額無制限といっても、

無限に補償されるわけではありません。

年間補償限度額という設定があり、その金額を超えない範囲で無制限という意味です。

年間補償限度額はその保険の補償の良さを計るバロメーターの一つになり、

高いほど補償が充実しています。

下記は各社の年間最大補償額のグラフです。

保険料重視、補償重視プランで比較しています。

※保険料重視プランは基本免責金額無し、通院・入院・手術補償ありで比較
※ペッツベスト、イオンペット保険のみ免責金額あり
※補償重視プランは補償率70%以上にてなるべく保険料が安いプランで比較しています。
※限度額、回数制限など補償内容は全社一致していません。

特別低いというわけでもありませんが、決して高くはありません。

いわゆる最低ラインという感じです。

保険料が安いのでそれでも十分という感じではありますが、

他社で保険料が安いのに年間最大補償額が良いところもあるので、

そういった意味では見劣りするのは否めません。

 

サービスについての考察

これが特徴!

  • 加入可能年齢が長め!
  • まだまだできたばかりで不安が多い

加入可能年齢が長め!

ペット保険では【年齢可能条件】というものが設定されています。

どんなに良い保険であっても、年齢可能要件を満たしていなければ加入することはできません。

SBIのペット保険は他社に比べると厳しい条件でしたが、

最近11歳までと他社と比べてもかなりゆとりある設定に変更されました!

会社加入可能年齢更新可能年齢会社加入可能年齢更新可能年齢
ペッツベスト生後満50日齢~16歳(16歳11カ月)17歳未満アニコム7歳11ヶ月まで終身
アイペット0 歳〜12歳 11か月まで終身アクサダイレクト満8歳まで終身
au損保ペット保険(旧あうて)生後30日~10歳まで終身あんしんペット生後31日~満11歳未満満20歳まで
日本ペットプラス(旧:ガーデン)生後31日~満11歳未満満20歳までFPC生後30日~9歳未満終身
ペット&ファミリー生後45日~満7歳以下終身もっとぎゅっと0歳~9歳未満終身
日本アニマル倶楽部生後60日~
満12歳未満
終身ペットメディカルサポート(PS保険)生後120日~満9歳未満終身
ドコモ
※新規申し込み中止
トータルケア:8歳11ヶ月まで
手術ケア:12歳11ヶ月まで
終身ソフトバンク
※新規申し込み中止
7歳11ヵ月まで終身
日本ペット共済生後60日以上~10歳まで終身SBIのペット保険生後2ヵ月~11歳まで終身
イオンペット保険生後45日以上~10歳未満終身イーペット保険生後45日~満10歳終身
ペッツファースト7歳11か月まで終身

 

他社が7~8歳が加入限界年齢ラインですから、

これはうれしい変更です。

高齢のペットの飼い主さんの選択肢の幅が広がりました。

 

まだまだできたばかりで不安が多い

これは個人的な見解ですが、SBIのペット保険はできて間もないため、

実績という意味では不明瞭な点が多いです。

例えば電話応対、保険料の支払いの速さなどなど。

特に保険料の支払いは後日請求方式のこの保険では、

一時負担がどれだけ長くなるかに直結するので心配な点です。

ペット保険としては経験が浅いはずなので、

細かなケアがどこまで行き届いているかも不明瞭ではあります。

口コミもまだまだないため、正直加入してみないとこれらの点は見えてこないでしょう。

 

ただ会社規模としてはSBIホールディングスグループで信頼性も高いですし、

資金規模では他社に比べて圧倒的ではないでしょうか。

みんなのSBIのペット保険に対する評判は??

現在調査中です。

SBIいきいき小短のペット保険のペット保険はおすすめ?

保険料の観点でペット保険を選ぶのであれば十分検討の価値がある保険だと思います。

保険料では業界随一の安さです。

ただ補償内容は特別良いわけでもなく、

またペット保険ではまだまだ日が浅い保険なので、

そういった点が気になる人は別の保険がおすすめです。

ペット保険は1年更新なので、もうすこし評判がわかってきてから加入する手もあります。

当サイトおすすめの保険はランキングにもしていますので、

よろしければご参考にしてください。

犬の保険のおすすめランキングへ

猫のペット保険ランキングへ

 



口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する!


平均評価:  
 総評価数:2

投稿者:te ペット保険会社: SBIいきいき小短のペット保険
電話対応
契約プラン : プラン50
契約した愛犬または愛猫 :

現在、猫の保険を検討中。ペット保険に電話をしてみましたが、あまり対応は良くないでした。どんな時に更新できないか?を知りたかったのですが、まだ、できたて?なので決まりがない? なんかそんな答えでした。そんなのあり?? 解らないです。
、、

投稿者:たっちゃん ペット保険会社: SBIいきいき小短のペット保険
まだ検討中ですが
契約プラン : プラン70スタンダード
契約した愛犬または愛猫 :

こちらの保険を検討していてコールセンターに質問の電話をしてみました。
口調は丁寧な男性がだったのですが、こういう時は補償の対象になりますか等の質問には答えられず誰かに確認しているようでした。
何か慢性的な症状があった場合に翌年の更新に条件は付きますか?の質問には「まだ出来たばかりの保険で分からない、何とも言えない」とのことでした。
決まってなくていいのかしら???