最近ネットやTVCMなどでも広告を見かけるようになってきたペット保険。

でもペット保険って複雑でよくわかっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回はペット保険を検討し始めた「柴山家」のやり取りを見ながら、

ペット保険のあれこれについて学んでいきましょう。

今回はペット保険の基本的なことについてみていきます。

 

登場人物

 

 

1.
2.
3.
4.ペット保険の選び方とは?
5.ペット保険の基本についてまずは学ぼう

運営会社の違いについて

1.
2.
3.
4.
5.
6.
少額短期保険は2006年4月の保険業法改正に登場した保険商品でミニ保険とも呼ばれています。
ペット保険の大半を占める損害保険会社と少額短期保険会社の違いは設立方法以外にも様々な違いがあります。
その一つが提供できる保険の種類です。

まずは1被保険者についての保険金額(補償する金額)の上限が設けられています。

  • 死亡保険・・・300万円
  • 損害疾病保険・・・80万円
  • 重度障害保険・・・300万円
  • 特定重度障害保険・・・600万円
  • 損害死亡保険・・・300万円
  • 損害保険・・・1000万円
  • 低発生率保険・・・1000万円

そして低発生率保険を除く合計金額が1000万円までと定められています。
そのため保険商品の規模としても損害保険会社のほうが大きい傾向にあります。
ですが代わりに少額短期保険会社は損害保険会社に比べ保険料は安い傾向にあります。

契約者保護の違いについて

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
少額短期保険では供託金以外にも以下のような監督のもと、安全性の向上に努めています。

  • 責任準備金等の積立の適切性
  • 再保険に関するリスク管理
  • 通常の予測を超える危険に対する支払い能力(ソルベンシー・マージン比率)の適切性
  • コンプライアンス(法令等遵守)態勢

損害保険会社のほうが規模は大きいといえ、国にしっかりと監督されている点は変わらないため、
保険を選ぶ際は会社規模の違いは基本的に考慮する必要はありません。

また注意したいのが「保険契約者保護機構」も「供託金」も保険料の満額を保証するものでは無いということです。
ちなみに現在のところ国内で破綻したペット保険会社はありません。

補償範囲について

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
ペット保険のほとんどが医療保険となっていますが、一部保険料の安さをメリットに手術保険、通院保険、傷害保険が提供されています。
基本的には補償範囲が大きいほど保険料が安い傾向にあるものの、会社によっても保険料の高い、安いがあるため、一概には言えません。
また最近では医療保険でもかなり安いプランも登場してきていますので、
保険料の許す限りは補償範囲は広いほうをおすすめしています。

参考:ペット保険の選び方のポイントとは?基本的なこと

補償率について

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.

(第3話へ続く)

保険では治療費に対して何%補償するという定率型保険と、補償金額が一定の定額型保険の2つがあります。
ペット保険ではそのほとんどが定率型プランとなっており、補償率50%、70%、80%、90%、100%が主です。

もちろん補償率が高いと自己負担額も減るということですが、一概には言えません。
詳しくは別の漫画でご紹介していきますが、その他の制限も確認していくことが重要になります。

参考:ペット保険の補償率の良さと限度額の関係性は?

当サイトではおすすめのペット保険会社もご紹介しています!

よろしければ参考にしてみてください。

犬の保険のおすすめランキングへ

猫のペット保険ランキングへ