携帯会社KDDIの子会社、au損害保険株式会社が展開するペット保険が最近登場しました。

au損保ペット保険パンフレット

知名度はあまり高くありませんが、口コミや補償内容の評判はどうなのでしょうか?

au損保のペット保険に対する評判は?

au損保のペット保険に入って良かったところ!

  • 愛犬が病気の時親切に相談にのってもらえて助かった(40代女性、パグ)
  • 入院費が高額だったけど、補償のおかげで少ない支払いで済みました(30代女性、スコティッシュホールド)
  • ヘルニアの手術で高額でしたが、補償があったので助かりました。(50代女性、ダックスフント)

改善してほしいところ!

  • 通院治療対応プランが高い(40代女性、ポメラニアン)
  • 保険の値上がりがおおくて支払いが大変(50代男性、チワワ)
  • アレルギーで通院がおおくなったが、補償外なので辛いです。(60代女性、マルチーズ)
  • 高齢になると保険料が高い(40代女性、トイプードル)

インターネットでau損保のペット保険の評判を調査したところ、

入院と手術に対する補償の使いやすさには定評がありました。

ですが、通院補償プランに対する不満と保険料の値上がりの改善の声が目立っています。

au損保のペット保険はおすすめ?

結論から言うと、あまりおすすめはできません。

通院補償が無いのは使いにくい、補償付きプランは高すぎる

ペット治療で一番確率が高いのが通院治療です。

一回あたりは低額だとしても、回数が増えるため総治療費はバカになりません。

こういったときに補償を受けらえるからこそペット保険のメリットを発揮できるので、

通院補償外のau損保ペット保険は魅力に劣ります。

 

通院補償付きプランにおいても年間最大補償額が高いとはいえ、

保険料が高すぎる設定です。

10歳以降になると月1万円を超えるケースもあり、かなりの家計負担が予想されます。

通院補償外の割に保険料が安くない

なぜ通院補償が無いのかというと、その分保険料を安くできるからです。

しかしながら保険料についての考察でも詳しく解説していますが、

au損保のペット保険は他社に比べて特に安くはありません。

 

むしろ通院補償もついてより安いペット保険はあるため、

au損保のペット保険を選ぶ理由が見つからないといっても良いです。

選ぶとしたら獣医師相談窓口サービス代として

au損保のペット保険の利点はかかりつけ獣医師ダイヤルがあることです。

24時間365日ペットのことなら何でも無料で相談できるのは、

飼い主さんとしてはありがたく、無料で利用できるのはメリットでしょう。

なので保険料は高めでもこのサービスの利用代として考えれば、

検討の価値はあるかもしれません。

保険プラン内容を整理してみよう!

プラン名保障範囲保険料最安保険料最高免責金額補償率回数・限度額年間最大補償額
コース50(通院なし)病気・ケガ
入院・手術
犬A:1,020円
犬B:1,670円
犬C:1,830円
猫:990円
犬A:3,070円
犬B:5,490円
犬C:6,160円
猫:2550円
※非公開分は除く
無し50%通院:補償無し
入院・手術:年間最大50万まで
※回数、日数制限は無し
50万
コース70(通院なし)病気・ケガ
入院・手術
犬A:1,260円
犬B:2,160円
犬C:2,390円
猫:1,220円
犬A:4,130円
犬B:7,520円
犬C:8,460円
猫:3,400円
※非公開分は除く
無し70%通院:補償無し
入院・手術:年間最大70万まで
※回数、日数制限は無し
70万
コース50(通院あり)病気・ケガ
通院・入院・手術
犬A:2,010円
犬B:3,300円
犬C:3,790円
猫:1,890円
犬A:6,150円
犬B:9,230円
犬C:11,140円
猫:4,500円
無し50%通院:年間最大20万まで
入院・手術:年間最大50万まで
※回数、日数制限は無し
70万
コース70(通院あり)病気・ケガ
通院・入院・手術
犬A:2,560円
犬B:4,350円
犬C:5,050円
猫:2,400円
犬A:8,350円
犬B:12,670円
犬C:15,350円
猫:6,040円
無し70%通院:年間最大28万まで
入院・手術:年間最大70万まで
※回数、日数制限は無し
98万

加入可能年齢更新可能年齢特約割引制度請求方法
生後30日~10歳まで終身無し無し後日郵送方式

 

au損保のペット保険では補償率50%と70%の2つのプランが用意されています。

大きな特徴は通院補償無しプランが選択できる点で、すべてを補償するプランより安くなります。

また手術・入院と通院の年間最大補償額が別々に設定されているのも他社にはない特徴でしょう。

保険料は猫は全て統一で、犬は病気・ケガリスク別に犬A,B,Cの3つのカテゴリ分けがされています。

保険料の考察

特徴をまとめると…

  • 11歳以降の保険料が不明瞭
  • 猫に関しても決して安くは無い
  • 保険料は他社より高い
  • 割引サービスも無い

 

11歳以降の保険料が不明瞭

au損保のペット保険料は谷型の値上がりタイプです。

下記は保険料のグラフになります。

※横にスクロールすると、各保険料が見れます。
※点をクリックすると詳しい保険料が見れます。

 

au損保のペット保険の一番の懸念は、

終身保険であるにもかかわらず11歳以降の保険料が確認できないことです。

もちろん電話問い合わせなどで確認は可能かと思いますが、

他社ではホームページでしっかりと確認できるところをみると、

不安感がぬぐえません。

特にペット保険では若いころより、高齢になってからの保険料はとても重要です。

値上がりによっては支払いに苦労することになるためです。

保険料は他社より高い

一見すると0~4歳時が安いため、保険料がお得なペット保険に見えますが、

長期加入が前提では、auペット保険は決して安くは無いでしょう。

基本的にペット保険では高齢になるほど値上がり、横ばいすることはあっても、

値下がりしていくことはほとんどありません。

au損保のペット保険では5歳以降の値上がりが大きく、11歳以降も保険料は高いと推測できます。

特に中型犬、大型犬に関しては、

0~8歳の総保険料でさえau損保のペット保険より安いところは沢山あり、

au損保ペット保険のメリットがありません。

下記は各社最安プランでの総保険料比較です。

※犬種or猫をクリックすると総保険料が見れます。


au損保の総保険料がかなり高いことがわかりますね。

割引サービスも無い

例えば、au損保より安いガーデン少額短期保険では、

インターネット申込み割引や無事故割引、多頭割引などさらに保険料が安くなるサービスがついていますが、

au損保では残念ながら実施されていません。

補償内容についての考察

特徴をまとめると…

  • 通院補償無しプランを選ぶメリットが無い
  • 回数、日数制限が無いのはめずらしくない
  • 年間最大補償額の設定は普通

 

通院補償無しプランを選ぶメリットが無い

ペットの治療で一番受診回数が多いのが通院治療です。

小型犬に多い心臓病も通院治療ですし、

最近多い犬や猫のアレルギー治療も通院でしかも長期治療です。

皮膚病、クッシングなどホルモン系の病気、流涙症やノミ・ダニなど、

犬猫の多くの病気が通院治療を必要とします。

 

一回あたりが数千円~1万円台だとしても、月に何回も通うことになれば手堅い出費ですよね?

そうした通院治療の補償を受けられないのはかなりのデメリットです。

 

大幅に安いのであれば一考の価値ありですが、

前述したようにau損保のペット保険は他社と比較してもそんなに安くありません。

であれば、通院もしっかりと補償をしてくれる他社を選ぶ方が賢い選択といえます。

回数、日数制限が無いのはめずらしくない

au損保では回数・日数制限なし、1日限度額無しという条件になっており、

この点は使いやすい保険といえます。

ただし、この設定はau損保だけではなく他社でもあり、めずらしい条件ではありません。

会社回(日)数制限、1日限度額会社回(日)数制限、1日限度額
アニコムあるアクサダイレクト無し
アイペットあるペッツベスト無し
FPCあるペット&ファミリー無し
PS保険あるもっとぎゅっと1日限度額のみ
日本アニマルあるau損保ペット保険無し
日本ペットプラス(旧:ガーデン)無しあんしんペット保険無し

 

年間最大補償額の設定は普通

1年間に最大どれだけ補償金を受けらえるかを表す年間最大補償額。

多いほど補償内容が手厚いことを意味しますが、au損保は特に良くも悪くも無いといえます。

下記は各社の最安プランで比較した年間最大補償額のグラフです。

※会社をクリックすると最大補償額が見れます。


補償内容が他社と変わらないのであれば、

より保険料の安いガーデン少額短期保険やペッツベスト、PS保険などのほうがおすすめです。

また保険料が安くより年間最大補償額が高いFPCペット保険のほうが魅力てきです。

 

また通院補償付プランにおいては、

他社とは違い、通院と手術・入院枠で別々に年間最大補償額が設定されており、

他社の同補償率プランと比べると、高い設定にはなります。

しかしながら、その分保険料がとても高く、

また年間でそれだけの補償がいるか?と言われると疑問です。

補償を使い切ることなく、結局掛け捨ての高い保険料を払うだけで、無駄になる可能性が高いです。

サービスについての考察

特徴をまとめると…

  • かかりつけ獣医師ダイヤルは魅力的
  • 大手であることの安心感

 

かかりつけ獣医師ダイヤルは魅力的

保険料と補償内容の点ではあまり選ぶ理由が見えないau損保ですが、

かかりつけ獣医師ダイヤルは魅力的なサービスです。

24時間365日、いつでも無料で獣医師さんに相談できる電話サービスで、

病気だけでなく、しつけや日々の食事や運動など飼育全般の相談をすることができます。

 

周りに動物病院が少ない、ペットの飼育に詳しい人がいないなど、

相談できる人が少ない飼い主さんの場合は心強いサービスになります。

大手であることの安心感

ペット保険の運営会社は国の認可が必要で、

財務状況が健全であるかもしっかりとチェックされるので、基本的に破たんの心配はありません。

とはいえやはり大手の方がなんとなく安心という方もいらっしゃるとおもいます。

au損保自体の実績はまだまだですが、親会社が携帯で有名なKDDIですので、

会社の信頼性という点では間違いないでしょう。

犬の保険のおすすめランキングへ

猫のペット保険ランキングへ

 



口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する!


平均評価:  
 総評価数:6

投稿者:まみくり ペット保険会社: au損保のペット保険
auの携帯だったので
契約プラン : 入院なしタイプのプラン
契約した愛犬または愛猫 : 猫 雑種

買ってすぐにノミにかかって病院に行って
今後の話を聞いてお金がかかるなと感じて
元々携帯もauの携帯だというのもあり加入しました

そのあと怪我をして病院に行ってつかってみて加入のきんがく以上に保証してもらえたので加入して良かったと思います

今後はどんな病気にかかるかわからないので入院保証プランに変えても良いかなと思うくらい良かったと思います

投稿者:恭介 ペット保険会社: au損保のペット保険
獣医師による無料相談が便利
契約プラン : 通院ありタイプ 70%コース
契約した愛犬または愛猫 : 猫雑種

通院プランのため、何かあった時の精神的不安を最大限に少なくする事が出来たと思います。
獣医師による無料相談も出来たので、予防接種や定期的の健康診断のアドバイスが聞く事が出来ました。
飼い猫がよく逃げ出してしまうので、マイクロチップの存在を教えてくれたりもしました。
なにより、ネットで申し込みをしたので他者との比較でも一番安く加入する事が出来ました。

投稿者:まえじ ペット保険会社: au損保のペット保険
これからかな
契約プラン : au損保のペット保険
契約した愛犬または愛猫 : 柴犬

今のところ
不便な点は特に感じていない
サポート面も充実しているし
これといった欠点も今のところは特に見受けられない
しかし今の自分の状況は
愛犬が万が一の状況におちいった経験がないので
そこがネックとなっている
いつか愛犬が万が一の状況におちいって
その時の状況を判断して今後継続するかどうか
考えるようにしよう(^.^)

投稿者:のらのら ペット保険会社: au損保のペット保険
備えとして
契約プラン : ペットの保険 通院なしタイプ
契約した愛犬または愛猫 : 猫雑種

保険料が手ごろで入院手術で最大50万円まで保証してくれるので、いざというときに頼りになる感じがしました。10歳までのペットにかけられて、継続契約なら年齢制限はない、保証期間中なら利用限度回数もないのも嬉しいです。不満な点は限度額は最大50万ですが、50%までしか費用を負担してくれないことです、少額の利用でも負担割合が変わらないのはどうなのかと思います。

投稿者:わこみ ペット保険会社: au損保のペット保険
加入していると安心
契約プラン : 通院ありタイプ50パーセントコース
契約した愛犬または愛猫 : 猫雑種

携帯電話会社のペット保険ということで半信半疑でしたが、これまで携帯電話がauのお世話になっているので、猫のペット保険に入ってみることにしました。我が家の猫は病気になりやすく、よく病院にかよっているので、助かっています。手術などの大規模なものでないと保険が活躍しないですが、保険に入っていると安心できます。

投稿者:石橋 ペット保険会社: au損保のペット保険
まだ補償を使っていないので
契約プラン : 50%
契約した愛犬または愛猫 : シーズー3歳

生まれたての時に病気をしてしまい、今後のためにと思って加入しました。
ぱんふれっと等は見やすくてよかったと思います。
幸いなことに、その後は大きな病気をすることがなかったので使用していません。
小さな病気はするので動物病院にはいっていますが、確認をしたところ動物病院で先生から処方された薬は対象になるけれども自分で海外から取り寄せた薬は対象にならないと言われました。(もしかしたら違法なので当然かもですが。。。)保険額等を考慮しても自分でネット購入したほうが安かったので結局使いませんでした