【プリズムコール】という名前でペット保険を展開するのが、日本アニマル株式会社です。

プリズムコールパンフレット

比較的昔からあるペット保険会社で、ご存じの方も多いかもしれません。

はたして口コミや補償内容はどうなのでしょうか?

日本アニマル倶楽部に対する評判は?

日本アニマル倶楽部に入って良かったところ!

  • 電話対応が良かった(50代女性、柴犬)
  • 長期のアレルギーの治療を受けていますが、補償が受けれれるので助かってます(40代女性、トイプードル)
  • 保険の値上がりが無いところ(60代女性、ブルドッグ)

改善してほしいところ!

  • 限度額のせいで支払いが増えてしまう(50代男性、ダックスフント)
  • 手術の際、おもったほど補償を受けられなかった(40代女性、コーギー)
  • 限度額や回数制限を無くしてほしい(30代女性、トイプードル)
  • 高齢になっても今のプランをそのまま更新できるようにしてほしい(50代女性、シーズー)

インターネットでau損保のペット保険の評判を調査したところ、

対応の良さと、保険料の値上がりが無いことの評判の声が多かったです。

ですが、限度額によって思ったほど補償金が受け取れなかったという声があり、

補償率100%の恩恵を十分に受け取れていない感じが見受けられました。

日本アニマル倶楽部はおすすめ?

一見、値上がりも無く、補償率100%とかなり良い保険のように見えますが、

個人的意見としてはあまりおすすめしていません。

値上がりは無くとも総保険料は高い

保険料についての考察で詳しく述べていますが、

保険料が値上がりしないからといって、安い保険かというとそうではありません。

もともと日本アニマルは全体的に補償重視の保険であり、

その分保険料は高くなっています。

 

値上がりの無いフラット型の保険は、

若い頃他社より高い分、高齢になるほど他社より安くなるのが特徴ですが、

日本アニマル倶楽部では特定の年齢になると、

より高額になるシニア専用プランを選ばなければいけないため、

高齢になると他社より安くなるということがありません。

結果的に高い保険になっているのです。

1日限度額設定が低い

補償内容についての考察で詳しく述べていますが、

補償率100%であっても、1日限度額の金額が低いため、

結果的に自己負担額が増える可能性が高い保険です。

であれば補償率が100%以下でも、1日限度額設定が無い保険を選んだほうが、

結果的に自己負担額が少なくて済むことが多いでしょう。

保険プラン内容を整理してみよう!

プラン名保障範囲保険料最安保険料最高免責金額補償率回数・限度額年間最大補償額
グリーンプランⅡ病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:3,640円
中型犬:4,610円
大型犬:6,950円
猫:2,950円
小型犬:3,640円
中型犬:4,610円
大型犬:6,950円
猫:2,950円
無し100%通院:1日6,000円×60日
入院:1日1.2万円×60日
手術:1回9万円(ガン手術は1回15万まで)×2回
138万
プレミアムオレンジプランⅡ病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:3,150円
中型犬:4,040円
大型犬:5,800円
猫:2,570円
小型犬:3,150円
中型犬:4,040円
大型犬:5,800円
猫:2,570円
無し100%通院:1日5,000円×60日
入院:1日1万円×30日
手術:1回6万円(ガン手術は1回9万まで)×2回
78万
オレンジプランⅡ病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:2,880円
中型犬:3,670円
大型犬:5,240円
猫:2,400円
小型犬:2,880円
中型犬:3,670円
大型犬:5,240円
猫:2,400円
無し100%通院:1日5,000円×60日
入院:1日1万円×30日
手術:1回3万円(ガン手術は1回6万まで)×2回
72万
ブループランⅡ病気・ケガ
通院・入院
小型犬:2,170円
中型犬:2,700円
大型犬:3,790円
猫:1,860円
小型犬:1,020円
中型犬:1,670円
大型犬:1,830円
猫:990円
無し100%通院:1日5,000円×30日
入院:1日8,000円×20日
手術:補償外
31万
ホワイトプランⅡ病気・ケガ
入院・手術
小型犬:1,980円
中型犬:2,470円
大型犬:3,820円
猫:1,620円
小型犬:1,980円
中型犬:2,470円
大型犬:3,820円
猫:1,620円
無し100%通院:補償外
入院:1日1.5万円×30日
手術:1回15万円(ガン手術は1回20万まで)×2回
85万
プラチナプランⅡ病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:6,080円
中型犬:7,710円
大型犬:11,620円
猫:4,940円
小型犬:6,080円
中型犬:7,710円
大型犬:11,620円
猫:4,940円
無し100%通院:1日6,000円×60日
入院:1日1.2万円×60日
手術:1回9万円(ガン手術は1回15万まで)×2回
138万
シルバープランⅡ病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:4,550円
中型犬:5,840円
大型犬:8,160円
猫:3,690円
小型犬:4,550円
中型犬:5,840円
大型犬:8,160円
猫:3,690円
無し100%通院:1日5,000円×20日
入院:1日1万円×20日
手術:1回3万円(ガン手術は1回6万まで)×2回
42万

加入可能年齢更新可能年齢特約割引制度請求方法
生後60日以上
満9歳未満
終身葬祭保険金
高度後遺障害保険金
診断書費用保険金
(プランにより自動付帯)
多頭割引
福祉割引
インターネット契約割引
後日郵送方式

 

プリズムコールのプランは多彩で全部で7つのプランがあります。

最大の特徴は、補償率100%と保険料が一切値上がりしないフラット型を採用していることでしょう。

他社にはこのタイプはありません。

ただし、【プラチナプランⅡ】と【シルバープランⅡ】はシニア用のプランで、

指定された年齢を超えて更新の際は、強制的にどちらかのプランに移行する仕組みなので、

その際に保険料も変化します。

シニア用プラン移行年齢

  • 小型犬:満15歳以上
  • 中型犬:満15歳以上
  • 大型犬:満12歳以上
  • 猫:満13歳以上

残りの5つに関しては、補償内容および範囲と保険料の関係は以下のようになります。

日本アニマル倶楽部のプラン関係図

通院、入院、手術すべてを補償する医療保険は、

【グリーンプランⅡ】、【プレミアムオレンジプランⅡ】、【オレンジプランⅡ】の3つで、

【グリーンプランⅡ】が最も補償が手厚く、代わりに保険料が高くなります。

 

保険料を安くする代わりに手術補償無しのプランが【ブループランⅡ】です。

【ホワイトプランⅡ】はブループランよりも安く、手術と入院の補償内容がとても良いですが、

代わりに最もペットがお世話になる通院補償が無いというリスクがあります。

 

それぞれのプランに長所と短所があるため、一概にどれが良いかは言えず、

飼い主さんがペット保険に何を重視するかでおすすめプランが変わってきます。

 

3つの自動付帯特約

プリズムコールではさらに3つの追加補償がプランによって自動付帯されます。

葬祭保険金ペットが死亡した際の、火葬、埋葬、供養のための実費を補償
高度後遺障害保険金高度後遺障害と認定され、車イスなど補助器具に対して補償
診断書費用保険金診断書等を作成する費用を補償
プラン名葬祭保険金高度後遺障害保険金診断書費用保険金
グリーンプランⅡ30,000円まで50,000円まで年間 10,000円まで
プレミアムオレンジプランⅡ30,000円まで50,000円まで年間 10,000円まで
オレンジプランⅡ30,000円まで50,000円まで年間 10,000円まで
ブループランⅡ30,000円まで50,000円まで補償無し
ホワイトプランⅡ30,000円まで50,000円まで年間 10,000円まで
プラチナプランⅡ30,000円まで50,000円まで年間 10,000円まで
シルバープランⅡ補償無し補償無し年間 10,000円まで

 

他社では補償するところが少ないので、

日本アニマル倶楽部ならではのメリットといえます。

保険料の考察

特徴をまとめると…

  • 保険料がわかりやすい
  • 総保険料は他社よりも高め

 

保険料がわかりやすい

通常はペットの年齢に応じて保険料は上下しますが、

日本アニマル倶楽部の保険料は同一プランなら完全フラット型で値上がりが一切ないため、

非常にわかりやすい保険料といえます。

特定の年齢になるとシニアプランに移行になるため、

実質値上がりしますが、以後何歳までも同じ保険料です。

 

ただ完全フラット型の難点は、

他社では安いはずの若年期でも保険料が比較的高いということです。

逆に高齢期では他社よりも安くなる可能性がありますが、

日本アニマル倶楽部ではシニア専用プランになってしまうため、

このメリットはありません。

総保険料は他社よりも高め

補償率100%と他社よりも高いため、その分保険料は安いとは言えません。

国内人気保険会社において0~12歳の総保険料を比較しました。

同条件にするため、免責なし、補償率50%のプラン50スタンダードで比較します。

各社の最安プランで比較しています。
※犬種or猫をクリックすると総保険料が見れます。

 

 

通院、入院、手術を補償する医療保険の中で、

他社と比較しても犬、猫ともに他社よりも高めなのがわかります。

そのため保険料を重要視する人には日本アニマル倶楽部はおすすめできません。

補償内容についての考察

特徴をまとめると…

  • 補償率100%は凄い!が…
  • 年間最大補償額は高いが…
  • 手術補償の限度額が低い

 

補償率100%は凄い!が…

日本アニマル倶楽部の最大の特徴はすべてのプランの補償率が100%なことでしょう。

保険料はその分高いですが、

他社では補償率50~80%がほとんどですので、補償率が良いのがわかります。

また日数制限に関しても入院は20~60日と十分で、

通院に関しても20~60日と問題無いレベルです。

ただ問題となるのが1日限度額の設定です。

 

1日限度額は補償率に関係なく1日で補償される最大額です。

そのため場合によっては補償率が低くても、

1日限度額設定が高いもしくは無い保険のほうが補償が手厚くなります。

1日限度額と補償率による補償金額の違い
※通院費用1万のときの、各限度額・補償率条件による補償金の受け取り方の違い

 

せっかくの高い補償率であっても、1日限度額が低いと満額の補償金を受け取れません。

日本アニマルクラブは他の会社と比べると1日限度額が低く

また最近では1日限度額設定が無い保険が増えています。

会社回(日)数制限、1日限度額会社回(日)数制限、1日限度額
アニコムあるアクサダイレクト無し
アイペットあるペッツベスト無し
FPCあるペット&ファミリー無し
PS保険あるもっとぎゅっと1日限度額のみ
日本アニマルあるau損保ペット保険無し
日本ペットプラス(旧:ガーデン)無しあんしんペット保険無し

 

例えばガーデン少額短期保険は1日限度設定が無く、

補償率も90%まであるので、しっかりと補償率分受け取れる保険です。

ペッツベストも補償率80%で1日限度額設定が無いので、補償金が受け取りやすい保険でしょう。

補償率100%は良いですが1日限度額があるため、

であれば補償率が70~90%の1日限度額無しのペット保険を選んだほうが良いです。

年間最大補償額は高いが…

1年間に最大どれだけ補償を受けられるかを表したのが年間最大補償額です。

通院、入院、手術補償をそれぞれ合算した金額です。

日本アニマル倶楽部は他社と比べて高い水準と言えます。

例えば、各社の一番補償が低い保険料重視プランを比較しても、

※会社をクリックすると最大補償額が見れます。


日本アニマルは高水準です。

ですが、実際に1年間で満額分の補償を受けやすいか?となると話は別です。

先ほどの1日限度額設定により、補償率100%で補償金を受け取るのが難しいのに、

日数制限が多すぎることが問題です。

 

例えば入院日数制限が主に30日と60日設定ですが、

正直なところペット治療で、1年間でこれだけ入院することはほとんどありません。

長くても1入院7~10日ほどで、ほとんどは1~3日ほどで退院でしょう。

むしろ日数制限が少なくても、1日限度額が高い保険のほうが利用しやすいのです。

手術補償の限度額が低い

日本アニマル倶楽部は1回手術あたりの限度額が低いのもデメリットでしょう。

医療保険プランでは1回3~9万(ガンは6~15万)ですが、

他社と比べると低く、また手術補償に限度額を設けてない保険も多いです。

 

手術は一般的に高額な治療になりやすく最低10万円以上、

高度な治療になると20~30万円もめずらしくはありません。

例え補償率100%だとしても、3~6万程度だと自己負担額が高額になります。

であれば補償率50%の限度額無しの保険のほうが負担が少なく済みます。

犬の保険のおすすめランキングへ

猫のペット保険ランキングへ

 



口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する!


平均評価:  
 総評価数:19

投稿者:ジェイフォー ペット保険会社: プリズムコール
保険請求が手間すぎる
契約プラン : 1回当たり6000円上限
契約した愛犬または愛猫 : フレンチブルドック

保険金がもどってくるまでにすごく時間がかかる。
毎回記入しなければいけない部分が多すぎる。振込先やペットの証券番号、生ゴミ体重など。
電話で保険金申し込みの用紙をお願いしなければいけないのですが、一回の電話で三通しか頂けず、毎月病院に何度もかかるので大変。その度にペット証券を確認して晩ごはんを伝えたり準備したり手間がかかる。

投稿者:tokoney ペット保険会社: プリズムコール
プランが豊富でよい
契約プラン : プレミアムオレンジプランⅡ
契約した愛犬または愛猫 : マルチーズ

プランがたくさん用意されており、ニーズに合わせて自由に選ぶことができてよい。ウサギも飼っているため、小動物用のプランがあるのも心強い。その一方、かかりつけの動物病院との提携がなく、一度窓口支払いをしたあと保険金を請求しなくてはならず手間に思っている。シニア年齢まで保険金があがらないのは魅力的だと思う。総合的にみると大変満足している。

投稿者:CoCoTAX ペット保険会社: プリズムコール
まだ使っていないけど
契約プラン : プリズムワイドGRプラン(小型犬)
契約した愛犬または愛猫 : ポメラニアン

まだ実際には保険を使ったことがないので、思うことはないのですが、ペットが万が一病気になった時はできる限りの事をしてあげたいので保険を検討しました。
他のペット保険で安いところもありましたが、値段が高い方が保証も多いので安心かなと思い選びました。
ただ、脱臼や歯科医療なども保険対象になれば嬉しいなと思います。

投稿者:田中 ペット保険会社: プリズムコール
最低な保険屋
契約プラン : ベーシックプラン
契約した愛犬または愛猫 :

保険料の請求方法がわかりずらいこともさることながら、請求したにも関わらず保険料が支払われませんでした。
問い合わせてみると、請求書が届いてないなどあれこれ言ってきて、上席の人に説明を求めると、その上席は感情的な話し方をしてきなる始末です。
もしご検討されてる方がいましたら、おすすめできない会社です。

投稿者:匿名 ペット保険会社: プリズムコール
電話がしつこい
契約プラン : 資料請求のみ
契約した愛犬または愛猫 : 小型犬

一括サイトからの資料請求だったので、申し込み年齢オーバーでも資料が届いた後、断っても何度も何度も電話してくる。
こちらから電話して連絡不要と伝えても、何度も営業電話してくるなんて顧客管理どうなってんの?
新しく犬を迎えても絶対に契約したくない会社。

投稿者:マチル ペット保険会社: プリズムコール
手術の補償額が気になるけど
契約プラン : オレンジプラン
契約した愛犬または愛猫 : チワワ

良かった点は、ある程度歳を取っていっても他社のように毎年保険料があがっていく、というのがなかったので負担なく続けて加入することができました。あと、保証率が100パーセントなので、ちょっと気がかりなことがあっても迷わず通院できますし、飼い主の負担が少ないのが良かったです。
ひとつきになる点をあげるとすれば、手術の補償額の上限が他社と比べると低いので、大きな病気をしたりして多額の手術料がいる場合は負担が増えるかと思います。

投稿者:メチル ペット保険会社: プリズムコール
保証100パーセントはありがたい
契約プラン : オレンジプラン
契約した愛犬または愛猫 : ミニチュアダックスフント

他社は毎年補償金額が上がっていくところが多いですが、プリズムコールは毎年上がるわけではなく、シニアになってからは他社より割安だったと思います。
月々の支払い額はまあまあ、といった感じですが保証100パーセントという点はすごくありがたかったです。
ただ、窓口精算できないのが面倒なのと、手術保証額がもう少し高ければよいと思います。

投稿者: ペット保険会社: プリズムコール
手厚いですね
契約プラン : プレミアムオレンジ
契約した愛犬または愛猫 : トイプードル

皮膚病になり、10回ほど通院。
日額5000円まで100%のおかげでほとんど保険でおりました。
高額治療以外では他社よりお得ですね。

投稿者:R. ペット保険会社: プリズムコール
絶対に入るべきではないです。
契約プラン : プレミアムオレンジプランⅡ
契約した愛犬または愛猫 : 犬。

評価したくないほど、サポートなってません。
星つけないと投稿出来ないので1つ星で。
支払いうつもりがないような、ないようです。
わざと請求しにくいよう、面倒な内容になってます。
たとえば、明細を1日ごとに発行するようにいわれます。
つまり、病院に交渉しなくてはなりません。
私達の病院では精算後の明細を1日ごとに発行することは
結局できませんでした。
病院側もこの内容にはびっくりされていました。
とにかく、請求しにくいようになっています。
かなり高額な金額だったため、本当に嫌な思いをしました。
これからご検討中の方、本当にここは注意なさってください。
私達のような思いはされませんように。

投稿者:マジリッコ ペット保険会社: プリズムコール
貯蓄のほうがいいかなって
契約プラン : オレンジプラン
契約した愛犬または愛猫 : ゴールデンレトリバー

初めて犬を飼い始めた時、犬が病気になった時に高額な金額が掛かると聞いた事があったので、保険に入りました。
月々5800円掛かり人間と同じ位の金額だったので、しんどくなってしまい、それなら掛け捨てではなく毎月5800円を自分で貯めようと思い貯める事にしました。万が一のための掛け捨ての保険なので、一度は保険に入ったのですが、じっくり考えて解約しました。

Page 1 of 2:
«
 
 
1
2
 
»