ペット保険で気になるのが、既往歴によって加入できない、補償されない場合があるのか?

すでに現在治療中の病気やけがも加入すれば補償してもらえるのか?

といった点ではないでしょうか。

特に未加入の人は、実際にペットの高額治療費を目の当たりにして初めて、

加入を考える人も多いようです。

現在治療中の病気やケガは補償される?

結論からいえば、残念ながら補償はされません。

これは人の保険でも同じことで、保険では事前に加入者に対して告知義務が発生し、

その中に現在治療中の病気やケガも含まれています。

現在治療中の病気やケガは補償されない!

これを告知しないで補償を受けようとすると、

不実告知となり返金および契約取り消しの処置がとられます。

そのため、現在治療中の病気は残念ながら自己負担で治療するしかないでしょう。

 

保険は『収支相当の原則』というものがあり、

加入者の多くは補償を受けず、一部が補償をうけることで成り立つモデルです。

そのため、確実に保険を支払わなければいけない事態を許してしまえば、

保険そのものが成り立たなくなるので、補償外になっているのです。

既往歴(現在治療中の病気)があると加入できない?

加入前の審査の告知義務では今までの既往歴を告知する必要があります。

そしてこの既往歴に応じて、各ペット保険会社は加入可否を審査します。

加入審査の流れ

基本的に全社同じ基準を採用しており、場合によっては加入申し込み自体できないです。

既往歴(現在治療中の病気)による加入可否には2つあり、

『申し込み不可』と『場合によって不可(もしくは補償条件付き加入)』に分かれます。

申し込み不可の病気は以下のようなものです。

申し込み不可の病気

悪性腫瘍、慢性腎不全、糖尿病、肝硬変(肝線維症)、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、甲状腺疾患、免疫介在性血小板減少症、免疫介在性溶血性貧血、巨大結腸症、巨大食道症(食道拡張症)、膵外分泌不全 、猫伝染性腹膜炎、猫白血病ウイルス感染症

主に死に至る可能性のある重度疾患、他の病気を併発しやすいホルモン分泌系の病気になります。

もしも愛犬・愛猫が上記に1つでも該当する場合は、保険加入はあきらめるしかありません。

 

次に場合によっては申し込み不可、

もしくは特定の病気やケガを補償外とする『特定傷病除外特約』での加入になる病気です。

要件等の病気

心疾患(弁膜症・不整脈・雑音・先天性心奇形等)、股関節形成不全、膝蓋骨脱臼(パテラ)、大腿骨頭壊死症(レッグペルテス病)、犬糸状虫症(フィラリア症)、緑内障、白内障、骨折、腫瘍・腫瘤(皮膚のできもの等)、気管虚脱、尿路結石、アトピー性皮膚炎、ニキビダニ症、外耳炎、アレルギー性疾患、各種ヘルニア、猫コロナウイルス感染症、猫免疫不全ウイルス感染症など

基本的にワクチンで防止できるもの、再発性の高いもの、他の病気を併発しやすいものになっています。

ただ、こちらの病気はペット保険に加入できる可能性はありますので、

気になる保険があればとにかく申し込んでみることをおすすめします。

また検査の結果、病気でないと判断されればこの条件をクリアすることができます。

既往歴(現在治療中の病気)以外にも、補償されないケースがある!

ペット保険では、既往歴や現在治療中の病気やケガ以外にも、

補償されないものがありますので注意が必要です。

主に、

  • ワクチンで予防できた病気
  • 妊娠や出産にかかる費用
  • 予防接種など予防費用
  • 自然災害が原因の病気やケガ
  • 契約者や被保険者の故意の行為による病気やケガ
  • 健康診断など病気やけがを伴わない健康維持費用

です。これらの基準はすべての会社でほぼ共通です。

補償されない例

病気やけがになってからでは加入は遅い?

総じてまとめると、現在治療している病気やけがを補償してもらうことはできず、

今すぐに治療費負担をペット保険で軽くするという意味では遅いことになります。

ではペット保険に加入しても意味がない?かと言われれば、それは間違いです。

むしろ病気やけがの既往歴があるからこそ、真剣にペット保険の加入を検討すべきでしょう。

 

一度病気をしたということは、身体の免疫力が低下している可能性が高く、

他の病気になる可能性が高いからです。

さらに高齢になっていけばさらに病気のリスクはあがりますので、

再び治療費が発生する確率はあがります。

その時になってまた『加入しておけばよかった・・・』と後悔するのでは意味がありません。

場合によっては加入できない場合もありますが、

ひとまずペット保険へ申し込んでみることをおすすめします。

どこのペット保険がおすすめ?

ペット保険では主に補償と保険料が選ぶ指標になりますが、

補償が手厚すぎる保険はおすすめしません。

愛犬が一度病気やケガになると不安から、

『とにかく補償が手厚い保険にしよう!』と選びたくなりますが、

その分保険料がとても高くなります。

年齢と犬種によっては月7,000~10,000以上かかるケースもあり、

家計への負担は相当大きいものですし、保険料は掛け捨てなので戻ってきません。

補償内容を十分使わないで終わってしまうケースもありますから、

とにかく手厚い保険という考えはおすすめできません。

保険料は掛け捨てだから注意!

選ぶのであれば補償と保険料のバランスがよく、

丁度よい補償で保険料が安いペット保険を選ぶことをおすすめします。

当サイトではこの点を考慮しおすすめのペット保険もご紹介していますので、

よければ参考にしてみてくださいね。

犬の保険のおすすめランキングへ

猫のペット保険ランキングへ

急な出費ならペットローンを使う手も

残念ながら既往歴や現在治療中の病気やケガは、ペット保険では補償されません。

ですが愛犬の病気やけがを治すには治療費を払うしかありません。

もし急な出費で治療費が払えない、満足に治療させてあげられない、

という心配がある場合は、

最近別の方法で治療費を工面することも可能になっています。

それがペットローンです。

 

ペットローンはその名の通り、

ペットに関する費用に対しローンを組めるサービスですが、

医療費だけでなく、飼育費用についてもローンを組むことができます。

今まではペット専用ローンは無かったため、

大変うれしいサービスといえます。

ペットローンの対象について

ただしペットローンはまだ登場したばかりで、

現在のところスルガ銀行のペットローンしか選択肢がありません。

スルガ銀行は静岡県を本拠地とし、主に静岡・神奈川県エリアで展開する地方銀行になります。

設立は1895年で、約120年以上続く伝統ある銀行で、

日本取引所グループと日本経済新聞の、

「財務や経営が優秀な上場企業の上位400社」に選ばれています。

信頼性や安全性としては全く問題ない会社と言えるでしょう。

スルガ銀行のペットローンの金利や最大借り入れ額、分割回数については、

公式サイトで確認をしてみてください。