日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン少額短期保険)が提供しているペット保険が【いぬとねこの保険】です。

日本ペットプラス少額短期保険の資料写真

保険内容はどんなものなのか?みんなの評判はどうか?

解説していきます。

みんなの日本ペットプラス少額短期保険に対する評判は?

いぬとねこのペット保険に入って良かったところ!

  • 補償内容が良いところを探していたのでピッタリだった(30代女性、チワワ)
  • 割引が色々あって結果的に保険料が安く補償が良くなりました!(40代女性、チワワ)
  • 限度額が無いので突発的な治療にも対応できました(40代女性、アメリカンショートヘア)
  • 保険請求が思ったよりもスムーズで安心しました(50代女性、ラブラドール)
  • プランが豊富だったので納得いくまで吟味できた(40代男性、雑種)
  • 通院だけ補償だが、今のところ特に問題がない(50代男性、コーギー)

改善してほしいところ!

  • 契約者向けのサービスを作ってほしい(40代女性、トイプードル)
  • 窓口清算に対応してほしい(50代女性、シャルトリュー)
  • せっかくプランが豊富なのだから、変更手続きをもっと簡単にしてほしい(40代女性、シーズー)

その他の日本ペットプラス少額短期保険に関する口コミはこちら

インターネットでアンケートをとったところ、

特に目立ったのは割引制度の豊富さと、限度額や回数など制限が無いのが良いという意見です。

補償内容に満足している、保険料の安さに満足しているという両面の意見もあったことから、

幅広い加入者のニーズに応えられているのが伺えます。

ですが、逆に加入時にプランが多すぎて迷ったという意見もありました。

ガーデン少額短期保険んお人気の声

 

個人的には日本ペットプラス少額短期保険はおすすめできる保険のひとつです。

補償内容が充実しており、また保険料も割引制度などで安く抑えられるため、

非常に満足度の高い保険だと思っています。

 

保険プランと免責について

ガーデンペット保険画面

プラン名補償範囲保険料最安保険料最高免責補償割合回数・限度額年間最大補償額
プラチナプラン病気・ケガ
通院・入院・手術
【小型犬】
50%補償:1,680円
70%補償:2,350円
90%補償:3,020円
【中型犬】
50%補償:2,000円
70%補償:2,790円
90%補償:3,590円
【大型犬】
50%補償:2,330円
70%補償:3,260円
90%補償:4,190円
【猫】
50%補償:1,300円
70%補償:1,810円
90%補償:2,330円


【小型犬】
50%補償:4,140円
70%補償:5,810円
90%補償:7,460円
【中型犬】
50%補償:4,190円
70%補償:5,870円
90%補償:7,540円
【大型犬】
50%補償:4,940円
70%補償:6,920円
90%補償:8,900円
【猫】
50%補償:3,800円
70%補償:5,320円
90%補償:6,840円
無し50、70、90%(選択)通院、入院、手術を年間最大補償額まで
※日数・回数制限無し
50%:50万
70%:70万
90%:90万
ゴールドプラン病気・ケガ
通院
【小型犬】
50%補償:1,180円
70%補償:1,660円
90%補償:2,130円
【中型犬】
50%補償:1,380円
70%補償:1,930円
90%補償:2,490円
【大型犬】
50%補償:1,660円
70%補償:2,320円
90%補償:2,980円
【猫】
50%補償:820円
70%補償:1,150円
90%補償:1,480円
【小型犬】
50%補償:2,660円
70%補償:3,730円
90%補償:4,800円
【中型犬】
50%補償:2,690円
70%補償:3,760円
90%補償:4,830円
【大型犬】
50%補償:3,240円
70%補償:4,540円
90%補償:5,830円
【猫】
50%補償:2,290円
70%補償:3,210円
90%補償:4,130円
無し50、70、90%(選択)通院のみを年間最大補償額まで
※日数・回数制限無し
50%:50万
70%:70万
90%:90万
パールプラン病気・ケガ
手術
小型犬:500円
中型犬:530円
大型犬:800円
猫:530円
小型犬:1,460円
中型犬:1,530円
大型犬:2,090円
猫:1,880円
無し70%手術のみを回数2回、年間最大補償額まで30万

加入可能年齢更新可能年齢特約割引制度請求方法
年齢が生後31日以上、満11歳未満満20歳まで賠償責任特約
(年500万円まで補償)
年払い:910円
月払い:80円
多頭割引:1頭900円
マイクロチップ割引:600円
無事故割引:次年度5%割引
インターネット割引:保険料5%割引
後日郵送方式

いぬとねこの保険の一番の特長は豊富なプランにあります。

通院、入院、手術すべてを補償する【プラチナプラン】、

通院保険の【ゴールドプラン】、手術保険の【パールプラン】の3つから選べ、

さらに【プラチナプラン】と【ゴールドプラン】は業界ではめずらしい50%、70%、90%から補償率を選択できます。

補償内容と保険料から自分の好みにあったプランを選ぶことが可能です。

免責はある?

ペット保険の免責には「免責事由」と「免責金額」の2つがありますが、

免責金額に関しては日本ペットプラスにはありません。

病気やケガに対する免責事由は以下のようになっています。

爪切り(狼爪の除去を含みます)、乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取り、断耳、断尾、美容整形手術、声帯の除去、停留睾丸、睫毛乱生、涙やけ、臍ヘルニア、鼠径ヘルニア、
膝蓋骨脱臼、股関節形成不全症、レッグペルテス、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱、不正咬合、肛門腺しぼり

気になるのは小型犬に多いとされる膝蓋骨脱臼が補償外のこと。

ヘルニアに関しては臍ヘルニア、鼠径ヘルニアは一般的な免責事由で、

胴長犬種に多い椎間板ヘルニアは補償対象です。

日本ペットプラスのデメリットは?

ここまで日本ペットプラスのメリットや特長についてまとめましたが、

ここは改善してほしい点や、難点と思われる点をまとめます。

これが特徴!

  • 終身保険ではない
  • 待期期間がちょっと長い
  • 小型犬に多い膝蓋骨脱臼が対象外
  • 涙やけや気管虚脱も

終身保険ではない

最近ペット保険の多くが終身保険に変わってきていますが、

いぬとねこのペット保険は今のところ満20歳までとなっています。

終身保険が当たり前になっているペット保険としてはマイナスポイントでしょう。

ですが、寿命は大型犬で平均8~10歳、中型・小型犬で10~14歳、猫で15年程度を考えると、

満20歳以上になるケースはかなり稀なので実質終身保険と変わらないといえます。(もちろん長生きしてほしいですけどね♪)

待期期間がちょっと長い

ペット保険は契約締結後すぐに補償開始になることは少なく、

一定期間補償されない待期期間というものがありますが、

日本ペットプラスはちょっと長いです。

病気に関しては30日間、ガンに至っては60日間補償を受けることができません。

この間は金銭のリスクが伴うので、改善してほしいポイントです。

小型犬に多い膝蓋骨脱臼が対象外

ペット保険では各社必ず免責事由と呼ばれる補償外のケースがあり、病気の種類での用意されています。

その中小型犬に多いとされる膝蓋骨脱臼が対象外なのは日本ペットプラスの難点でしょう。

膝蓋骨脱臼は手術を伴ったり、一生涯の治療になるケースもあるため、

補償されているほうが安心です。

ただ一定以上の年齢になれば膝蓋骨脱臼のリスクがあるかわかってもくるので、

必ずしも小型犬がかかる病気ではないことに留意しましょう。

涙やけや気管虚脱も

膝蓋骨脱臼のほか、涙やけや気管虚脱も保証対象外なのはいただけません。

涙やけは特に犬では多いですし、気管虚脱も珍しい病気ではありません。

もちろん数ある病気の中でリスクが高い病気とまではいえませんが、

補償対象外は改善してほしい点です。

保険料についてはメリットが多い

これが特徴!

  • 3歳まで保険料が下がる!
  • 0~6歳までの保険料は他社と比べてもお得!
  • 豊富な割引制度でさらに安くすることも可能
  • インターネットならケガの保障が最短その日から受けられる!

谷型プランで子犬~成犬期がお得!高齢期は相場標準

いぬとねこの保険では3歳まで保険料が値上がりし、その後上昇していく谷型の保険料プランを採用しています。

値上がりの仕方も病気のリスクが小さい6歳までは緩やかなので、

補償内容から見ても他社よりも子犬~成犬期にお得な保険料になっています。

病気のリスクがあがる7歳~9歳は値上がり幅が大きいので注意です。

※横にスクロールすると、各保険料が見れます。
※点をクリックすると詳しい保険料が見れます。

割引制度が豊富!

いぬとねこの保険の特長として4つの割引制度にあります。

4つの割引制度で保険料が安くなる

ペットを複数飼っている飼い主さんに嬉しい、多頭割引(1頭あたり900円割引)、

最近ではつけることも多くなった、マイクロチップ装着による割引(600円割引)、

1年間保険支払いが無かった場合次年度の保険料から5%割引く無事故割引、

インターネットからの申し込みによる割引(保険料から5%割引)とかなり充実しています。

特に保険料から5%割引は年数千円の割引になることもあるのでバカにできません。

補償内容について

これが特徴!

  • 日数・回数、1日限度額、免責無しでしっかり補償率分受け取りやすい!
  • 補償内容重視、保険料重視、中間と幅広いニーズに対応!
  • 賠償責任特約で増える損害事件に対処!
  • インターネット申込みならケガの待機期間が無い!

しっかり補償率分受け取りやすい!

いぬとねこのペット保険の一番の利点は【制約が少ない】ということでしょう。

通常ペット保険では治療費の何割を補償するかを決める補償率のほかに、

1日に支払える補償金の限度額、通院や入院など最大補償する日数もしくは回数が設けられているところもあります。

 

また安い保険料のペット保険では免責金額と呼ばれる、補償率に関係なく必ず加入者に支払っていただく金額が設定されているところも。

このような設定がある場合、補償率分の保険金を受け取れない場合が出てきます。

制約項目こんなときは補償率分受け取れないこんな時に注意!
1日限度額手術と入院で1日にかかった治療費が高額。
限度額にひっかかる。
予期しない高額な手術や入院の際に影響がでる場合があり
日数・回数制限長期の入院、通院により制限を超えてしまった。
その年はのこりは全額自己負担に。
皮膚病治療など長期通院治療になりやすい病気の時に影響がでる場合があり
免責金額通院などで数千円程度の治療費がかかった。
でも免責金額以下なので、飼い主さんが全額負担。
数千円と比較的やすい治療費の場合に影響がでる
年間最大補償額今年は愛犬猫の治療が多く、多くの治療費がかかってしまった。
ペット保険の年間最大補償額にかかってしまったので、今年はのこり全額自己負担。
基本的に年間最大補償額以上、治療費がかかることはまれ。
例えば日本では珍しい心臓病手術など最先端治療を受ける際は影響が。

いぬとねこのペット保険では年間最大補償金額以外の制約を一切設けていません。

そのため表にあるような心配は無用になります。

年間最大補償額も基本上回ることはありませんし、

50万(50%プラチナ)、70万(70%プラチナ)、90万(90%プラチナ)で設定されているので十分な金額になっています。

制約が少ないと利用しやすい

補償内容重視、保険料重視、中間と幅広いニーズに対応!

いぬとねこのペット保険は国内人気ペット保険会社の中では一番プラン数が多いペット保険です。

そのため、色々な飼い主さんの好みに合わせてプランを選ぶことができます。

特に補償率90%プランは、他社が50~80%補償なのを考えても高めの設定です。

各プランの特徴図式化
※プラチナ、ゴールド、パールプランを補償率・内容と保険料を軸にマップ化
保険プラン補償範囲特徴
90%プラチナ通院・入院・手術・全プラン中最も補償が充実
・90%補償は他社と比べても高い
・もっとも補償内容重視向け
70%プラチナ通院・入院・手術・プラチナプランの中間にあたる
・70%補償では他社よりも安め
・保険料と補償範囲のバランス重視
50%プラチナ通院・入院・手術・保険料重視のプラチナプラン
・値上がりも少なく安い
・補償範囲は確保しつつ保険料を抑えたい
90%ゴールド通院・ゴールドプランの中で最も補償重視のプラン
・ペット治療では最も可能性が高い通院治療をカバー
70%ゴールド通院・通院に特化した中級プラン
50%ゴールド通院・通院に特化した最安プラン
・保険料の安さ重視
パールプラン手術・高額な費用になりやすい手術に特化したプラン
・通院と入院は補償されない
・補償率70%固定
・もっとも保険料重視のプラン

賠償責任特約で増える損害事件に対処!

最近ペットにより、他人や物、他人のペットを傷つける損害事件が増えていることをご存じでしょうか?

これはペットの飼育環境が変わったことで、社会化が上手くいってなかったり、ストレス過多によるのも原因といわれています。

 

問題なのは訴訟になった際、損害賠償請求額が高額になることです。

ケースによっては100万以上の場合もめずらしくなく、これを全額自己負担は厳しいものがあります。

 

いぬとねこのペット保険ではオプションとして賠償責任特約を付帯することができます。

年910円、月払いでも+80円で年間最大500万円まで補償されますから、付帯しておくと安心です。

ケガの保障が最短その日から受けられる!

通常保険は契約成立日から直ぐに補償を受けられるものではありません。

責任開始日、待機期間という設定を設け、その日数が経過してから補償が受けられます。

責任開始前、待機期間中は治療を受けても全額自己負担が通常です。

これは治療にかかることをわかっていて加入した場合の行為を防ぐためです(契約違反になる)。

 

ですが、いぬとねこのペット保険はケガの治療のみ、インターネット申込みなら申込み日の0時から補償を受けられる異例の設定。

これは他社にはありません。

ケガは突発的な事故で起こるものですので、契約後直ぐ補償が受けられるのは大きなメリットといえます。

窓口清算や保険請求について

これが特徴!

  • 保険金受取は他社の後日請求に比べ早い

保険金受取は他社の後日請求に比べ早い

いぬとねこのペット保険は残念ながら窓口清算には対応しておらず、後日郵送による請求になります。

郵送請求の場合、他社では数十日かかるところもありますが、

日本ペットプラス少額短期保険は実績ベースで4.3営業日を実現しています。

保険料の受け取りが早い

 

これは国内ペット保険会社の中でもかなり早いほうで、我々加入側としては大変うれしい対応です。

保険金請求に獣医師による診断書が原則不要なのも請求が簡単な要因といえます。

こんなひとにおすすめ!日本ペットプラス少額短期保険

ではいったいどの点がおすすめできるポイントなのか?

まとめてみましたので、よかったら参考にしてみてくださいね♪

こんな飼い主さんにおすすめ!

  • 補償率の高さを重視したい!
  • 最近子犬や子猫を飼い始めたひと
  • 大型犬なら保険料も割安、補償内容も適切
  • 病気のリスクが小さい猫の飼い主さん

補償率の高いプランが他社よりお得!

いぬとねこのペット保険を検討するなら、補償率70%、90%のプラチナプランがおすすめ。

インターネット5%割引を適応することで、他社の近似プランよりもずっとお得になるからです。

70%と90%プランが他社より割安

プラン名補償率回数・限度額など0歳~12歳総保険料
(小型犬)
0歳~12歳総保険料
(中型犬)
0歳~12歳総保険料
(大型犬)
0歳~12歳総保険料
(猫)
日本ペットプラス(旧:ガーデン)
90%プラチナ
90%年間最大:90万円
通院、入院、手術回数・1日限度額制限無し
614,232円687,306円788,082円522,462円
日本ペットプラス(旧:ガーデン)
70%プラチナ
70%年間最大:70万円
通院、入院、手術回数・1日限度額制限無し
477,546円(最安)534,432円(最安)613,092円(最安)406,296円
アニコム
ふぁみりぃ70%プラン
70%(通院)14,000円×20回
(入院)14,000円×20回
(手術)140,000円×2回
716,640円
※チワワとして
775,560円
※柴犬として
1,027,200
※ゴールデンレトリーバーとして
592,920円
アイペット
うちの子70%プラン
70%(通院)12,000円×22日
(入院)30,000円×22日
(手術)150,000円×2回
790,320円858,360円1,370,280687,480円
ペット&ファミリー
げんきナンバーわん70
70%年間最大:70万円
通院、入院、手術回数・1日限度額制限無し
502,680円555,600円699,000円444,120円
もっとぎゅっと
プレミアプラン
70%年間最大:70万円
通院、入院、手術回数・1日限度額制限無し
723,600円723,600円723,600円516,720円
あんしんペット
Lプラン
70%年間最大:70万円
通院、入院、手術回数・1日限度額制限無し
488,400円591,480円663,240円359,160円(最安)

※他社の近似プランと0~12歳までの保険料比較
※アニコムはリスク別に保険料が違うため、犬種を想定して算出

 

補償率70%プランでは国内有名ペット保険会社より総保険料が安いですし、

90%プラチナプランだとしても、有名なアイペットやアニコムの補償率70%プランより安く済みます。

逆に補償率50%プランでは他社と接戦になるため、一概におすすめはできません。

最近子犬や子猫を飼い始めたひと

いぬとねこのペット保険は特に0~6歳時が他社に比べ大幅に安いのが特長です。

『まだ病気になるとは思えないけど、もしもの時のために備えたい!』

というペットを飼い始めたばかりの飼い主さんなら恩恵を受けやすいのでおすすめです。

大型犬の保険料は特に割安

ペット保険では大型犬や病気・ケガリスクの高い犬種は保険料が高めになります。

アニコムやアイペットなどでは月1万円を超えてきます。

日本ペットプラス少額短期保険は高くなると言っても他社の大型犬保険料より安めの設定。

大型犬に多い高額手術にも限度額が無く補償内容が良く対応されているので、うってつけといえます。

猫の飼い主さんは恩恵を受けやすい

猫は一般的に犬よりも病気に強いため、1年間ペット保険を利用しない時もあるでしょう。

その場合、日本ペットプラス少額短期保険は無事故割引として次年度5%割引が適応されます。

加えて多頭飼いをしているなら多頭割引もつくので、猫の飼い主さんは比較的割引特典を受けやすいです。

保険料を抑えたいなら、通院のみのゴールドプランでも十分対応できるでしょう。

日本ペットプラス公式サイトへ

 



口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する!


平均評価:  
 総評価数:23

投稿者:ohana ペット保険会社: 日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン)
保険料が半額に
契約プラン : プラチナ70
契約した愛犬または愛猫 : ヨークシャテリア

以前、ほかの保険会社を利用していたのですがヨークシャテリアが二匹いるので合計1万2千くらいかかっていましたが、今は同じ補償内容でその半分くらいの金額です。ただ診察料をはじめに立て替えたのち請求するので、少し手間かもしれませんが補償内容と金額ともに大満足しています

投稿者:ゆうへい ペット保険会社: 日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン)
通院で役立っています。
契約プラン : ゴールドプラン 70%
契約した愛犬または愛猫 : ミックス

ゴールドプランというプランは通院のみ適用なプランだったのですが私の飼っていた犬は特に入院をすることなく大きな手術もすることがなかったのでとても最適なプランを選ぶことができました。
あまり大きな病気はしませんでしたが通院をする機会はそこそこあり回数限度や1日にの限度額などがなかったため安心して病院に連れて行けました。

投稿者:レイ ペット保険会社: 日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン)
もう少し補償範囲が広がるといい
契約プラン : プラチナプラン
契約した愛犬または愛猫 : 雑種猫

最近ではペットも長生きするので、病気になるリスクも高いという話を聞き加入しました。
保障の割に値段が安いと思い、こちらを選びました。
病気になりにくいと思われる1~2歳頃に、保険料が安くなるのも良かったです。
現在おおよそ元気に過ごしてますが、数ヶ月前に1度手術をしました。
生まれつき歯並びが悪かったようで、常に下の歯茎が上の歯に当たっていて、しょっちゅう歯茎が腫れていたので、病院からの勧めでの抜歯手術でした。
一応請求してみたのですが、歯に関する手術には支払われないとのこと。
手術をしないと歯茎が痛くて食事があまりできず、衰弱するからと判断したからなんですが、やはりペット保険は簡単には支払われないんだな、と感じました。
今回はそのまま更新しましたが、もうひとつ下のプランに変更しようか検討中です。

投稿者:Sooman ペット保険会社: 日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン)
柔軟性にはかけるけど
契約プラン : プラチナプラン50%
契約した愛犬または愛猫 : チワワ、ダックスフンド

私は多頭飼いをしているので月々にかかる保険料を少しでも抑えたく加入していました。
保証内容や保険請求に関しては全く問題もなく、迅速丁寧な対応をして頂いたので大変満足はしているのですが、
唯一の不満とすれば、加入後にマイクロチップを入れたため、マイクロチップ割引を適用したく連絡をしたところ、
次回の更新時からの適用になりますと言われました。
なので加入してからすぐにマイクロチップを入れたのでその約1年はマイクロチップが適用されていない保険料でした。
また更新時にマイクロチップ割引の旨を伝え忘れてしまい、マイクロチップ割引が適用されていない保険料が更新後にきました。
その旨を事務局に伝えると更新時に契約に関する変更を伝えて頂かないと変更は出来ないとのことで、マイクロチップ割引を適用して頂くことは出来ませんでした。
柔軟性に欠ける対応でした。

投稿者:あき ペット保険会社: 日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン)
支払いが…
契約プラン : プラチナ90
契約した愛犬または愛猫 :

高額の支払いまで2ヶ月かかりました…いくらなんでも遅すぎ…
窓口清算じゃなくても良いんだけど2ヶ月はちょっと…

内容や他の事は気に入ってます。けど、2ヶ月は…

少ない金額でも、2週間3週間はザラにかかってるので、パンフに書かれてる平均3日とかで振り込まれてる人いるのかな…

高額こそ早く振込んで欲しい…
返ってくるからいいんだけど…

切手代とか窓口清算は全然気にならないです。
気にしてる人いるけど、気になるならアニコムに入ればいいじゃん。

投稿者:ももたろう ペット保険会社: 日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン)
切手代は…
契約プラン : プラチナ70
契約した愛犬または愛猫 : ジャーマンシェパード

うちは大型犬を飼っています。
生涯支払う保険料が安いことで決めました。10歳以降の保険料は、他社と比べると本当に安いです。他社の50%とこちらの70%の保険料が同じくらいなので、他社に入ったつもりで、プラチナ70%に加入しています。(70%から50%に変更出来るが、50%から70%の変更は出来ないと言われたので、最初は70%で加入してみました)
ただ、請求時の切手代は、自己負担です!今時?とびっくりしました(笑)

投稿者:くみくみ ペット保険会社: 日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン)
良い保険です
契約プラン : プラチナ
契約した愛犬または愛猫 : 犬4匹

母子家庭、多頭飼いの為、病気になった際の費用が心配でこちらに入りました。立て替えないと行けないけど返ってくるので安心です。
しかも、90パーセントも大変助かります。今まで二回請求しましたがポスト投函からちょうど2週間後に入金されました。

投稿者:なるみの ペット保険会社: 日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン)
胃腸炎で受診
契約プラン : 90%ゴールドプラン
契約した愛犬または愛猫 : 猫ミックス

生後4か月の時に加入。7か月の時に12回も嘔吐し、血も交じっていたので動物病院へ受診。保険に入っていた安心感もあり、隅々まで検査を受け、胃腸炎と診断されました。かなりお金はかかりましたが、後日しっかり90%の保険金の支払いがされました。
こちらで記載されてるような保険料の受け取りの速さはありませんでしたが(23日位)、請求自体が請求書と診療明細だけで済み、とても簡単でした。
時間がかかったところだけマイナス☆1です。

投稿者:あひろ ペット保険会社: 日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン)
決済方法を変えて
契約プラン : 入院保険
契約した愛犬または愛猫 : 猫雑種

まだ、加入したばかりなのでわからない。しかし、最初は、安いプランっ手術があって加入してみたが、手術では、入院付かないことがわかり、保険会社に問い合わせたところ、一度解約して加入し直さないとなりませんと言われ、従ったところ別プランに加入することができた。対応がいいので満足と思う。
不満の点では、毎月の引き落としが、カード決済なのでそこだけが不満である。

投稿者:プチナト ペット保険会社: 日本ペットプラス少額短期保険(旧:ガーデン)
安くても補償が良い
契約プラン : ゴールドプラン50%補償プラン
契約した愛犬または愛猫 : トイプードル、シーズー

月々の支払いが安い割に補償がしっかりしていて主に使うことの多い通院補償もついていたのでここに決めました。また、我が家は2匹飼っているので2匹目の保険料が割引になる多頭飼い割引やマイクロチップ割引が嬉しかったです。申し込みについてもネットで見積もりができました、そのまま申し込みもできとても簡単でした。幸運なことにまだ大きな病気や怪我をしていませんので、請求についてはわかりませんが、尿路結石症になったときに治療のため医師指定の療法食を与えないといけなくなったのですが、療法食も補償の対象になるとありがたいなと思いました

Page 1 of 3:
«
 
 
1
2
3
 
»