イーペット資料写真

イーペットは福岡県に本拠をおく、イーペット少額短期保険株式会社が運営しています。

設立は2013年と比較的新しい会社ですが、

その補償内容やみんなの口コミはどうでしょうか?

保険プラン内容を整理してみよう!

プラン名保障範囲保険料最安保険料最高免責金額補償率回数・限度額年間最大補償額
e-ペット70病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:2,290円
中型犬:2,450円
大型犬:2,670円
猫:1,830円
小型犬:10,590円
中型犬:13,450円
大型犬:15,990円
猫:5,830円
無し70%通院、入院、手術を年間最大60万まで
※日数・回数制限無し
60万
e-ペット50病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:1,810円
中型犬:1,910円
大型犬:2,020円
猫:1,480円
小型犬:7,540円
中型犬:9,570円
大型犬:11,360円
猫:4,400円
無し50%通院、入院、手術を年間最大60万まで
※日数・回数制限無し
60万

加入可能年齢更新可能年齢特約割引制度請求方法
生後45日~満10歳終身ペット賠償責任特約インターネット割引
多頭割引
マイクロチップ割引
無事故継続割引
後日郵送方式

 

イーペット保険には2つの医療保険プランが用意されています。

補償率重視のe-ペット70、保険料重視のe-ペット50です。

どちらとも終身保険になっています。

賠償責任保険特約も用意

イーペット保険では別途保険料(+130円/月)をプラスして賠償責任特約を付けることができます。

まず一つが個人賠償責任保険です。

賠償責任とはペットが他社や他のものに損害を与え、

賠償責任が生じた際に補償してくれる保険になります。

1事故につき最高500万円まで補償してくれます。

例えば人に噛みつく心配がある犬、放し飼いでケガのリスクが高い猫などに最適です。

 

保険料についての考察

特徴をまとめると…

  • 保険料は谷型。高齢期からの値上がり注意
  • 猫と補償重視プランが安い
  • 豊富な割引制度が魅力

 

保険料は谷型。高齢期からの値上がり注意

では2つのプランの保険料を見ていきましょう。

保険料区分は一般的な小型犬、中型犬、大型犬、猫です。

※横にスクロールすると、各保険料が見れます。
※点をクリックすると詳しい保険料が見れます。

 

保険料はいわゆる谷型です。病気・ケガのリスクが低い1~3歳までが安く、

その後保険料が上昇していきます。

一口に高齢期の値上がりといっても各社で特徴が違います

高齢期の後半は値上がりがゆるやかになるもの、

高齢期後半は少し値下がりするもの、

高齢期後半も同じように保険料が値上がりするものの3つですが、

イーペットは高齢期後半も同じように保険料が値上がりするタイプです。

保険料は普通だが、高齢になるほど?

高齢期の値上がりが響いてか保険料に関しては安いとは言えません。

下記は国内人気保険会社において0~12歳の総保険料を比較しました。

まずは各社の保険料重視プランから見ていきます。

※犬種or猫をクリックすると総保険料が見れます。


※基本免責金額無し、通院・入院・手術補償の最安プランで比較
※ペッツベスト、イオンペット保険のみ免責金額あり
※au損保、ドコモは除外(11歳以降非公表のため)

見てわかるようにすごく高いわけではないが、安くもないという、いわば中くらいの位置です。

しいていえば猫と大型犬は比較的安いほうになるかな?とは思います。

さらに補償率70%以上の補償率重視プランで比較します。

※犬種or猫をクリックすると総保険料が見れます。


※補償率70%以上で、補償重視のプランを比較しています。
※ペッツベスト、イオンペット保険のみ免責金額あり
※限度額、回数制限など補償内容は全社一致していません。
※保険料非公開の年齢がある会社は除外しています。

こちらも猫と大型犬は比較的安いとはいえ、

全体的には安くも高くもなく普通です。

12歳までの保険料であれば及第点といったところでしょうか。

ただ12歳以降になるとイーペット保険は高いクラスに入ってくるでしょう。

他社よりも高齢期の保険料の値上がりが大きいからです。

そのため保険料の観点では高齢期にはあまりおすすめできない保険です。

豊富な割引制度が魅力

保険料としては普通ですが、条件を満たせばもう少し安くすることも可能です。

イーペット保険の利点は4つの割引制度があることです。

4つの割引制度

インターネット申し込み割引5%とマイクロチップ割引3%割引なので、

上手く利用すれば保険料をさらに安くすることができます。

また1年の契約期間で保険金お支払いが無い場合、

無事故割引5%割引が適応されるのもうれしいポイントです。

また多頭飼いの人には3%割引が適応されます。

補償内容についての考察

特徴をまとめると…

  • 年間最大補償額が特徴的
  • 回数・1日限度額が無しのが良し!
  • 使いかわからないけど、初回ケガ100%補償<

 

年間最大補償額が特徴的

年間補償限度額は1年間で、

通院、入院、手術、その他補償合わせて最大いくらか?

というものになります。

当然この金額が高いほど、補償内容が充実していることを示すひとつとなります。

下記は各社の年間最大補償額のグラフです。

保険料重視、補償重視プランで比較しています。

※保険料重視プランは基本免責金額無し、通院・入院・手術補償ありで比較
※ペッツベスト、イオンペット保険のみ免責金額あり
※補償重視プランは補償率70%以上にてなるべく保険料が安いプランで比較しています。
※限度額、回数制限など補償内容は全社一致していません。

イーペット保険の特徴的なところが、

全体プランで60万円同額の年間最大補償額を設定していることです。

そのため保険料重視プランで一番安いのが50万ですから、

保険料重視プランは他社と比べると補償が充実していることになります。

しかし補償重視プランは最低ラインが70万ですので、

補償重視プランは全社中最下位の年間最大補償額になっています。

 

さきほどの保険料比較で補償重視プランが安い傾向にありましたが、

代わりに少し補償金額が低い設定にしているのも要因の一つと言えそうです。

回数・1日限度額が無しのが良し!

年間最大補償額とは別に、

ペット保険では通院、入院、手術それぞれに、

回数・1日限度額制限というものが存在する場合があります。

制限があるほうが当然使いやすさの面で劣るわけですが、

イーペット保険では回数・1日限度額制限がありません。

年間最大補償額と補償率以内であれば制限をうけることなく補償を受け取ることができます。

なので長期通院が必要な病気の際は日数制限を気にしなくて良いですし、

高額治療費になるような手術では1日限度額を気にする必要がありません。

最近では制限なしの会社も増えてきたので、

イーペット保険だけの特長ではありませんが、プラスポイントなのは間違いありません。

使いかわからないけど、初回ケガ100%補償

イーペット保険特有の特長なのが、

毎年初回のケガの治療費に限り完治まで100%補償するという制度です。

補償率に関係なく100%補償というわけですね。

ただしe-ペット70プランのみ適応です。

一般的には犬猫ともに病気の治療のほうが圧倒的に多いので、

ケガによる治療を受ける機会があるか微妙ですが、

この制度があるせいで、保険料がすごく高くなっているわけでもないので、

無いよりはいいかもしれません。

サービスについての考察

これが特徴!

  • 窓口清算はなし
  • 比較的高齢でも加入できる

窓口清算はなし

ペット保険では窓口にて人の保険と同じように、

補償を受けた状態で差分の治療費を支払う方法ができる会社もあります。

ただイーペット保険に関しては後日郵送にて請求のみになります。

確かに窓口清算は便利なのですが、基本対応している保険は保険料がすごく高いです。

他社の安い保険でも基本後日郵送方式だけなので、

この点はイーペット保険だけのデメリットということにはならないでしょう。

個人的には窓口清算有無より保険料が安いところを選ぶのがおすすめです。

比較的高齢でも加入できる

ペット保険には加入年齢制限というものがあり、

高齢になるほど加入できる保険会社が少なくなってきます。

大体7~9歳あたりがボーダーラインになるのですが、

イーペット保険は他社と比較しても高齢で加入できる保険となっています。

会社加入可能年齢更新可能年齢会社加入可能年齢更新可能年齢
ペッツベスト生後満50日齢~16歳(16歳11カ月)17歳未満アニコム7歳11ヶ月まで終身
アイペット0 歳〜12歳 11か月まで終身アクサダイレクト満8歳まで終身
au損保ペット保険(旧あうて)生後30日~10歳まで終身あんしんペット生後31日~満11歳未満満20歳まで
日本ペットプラス(旧:ガーデン)生後31日~満11歳未満満20歳までFPC生後30日~9歳未満終身
ペット&ファミリー生後45日~満7歳以下終身もっとぎゅっと0歳~9歳未満終身
日本アニマル倶楽部生後60日~
満12歳未満
終身ペットメディカルサポート(PS保険)生後120日~満9歳未満終身
ドコモ
※新規申し込み中止
トータルケア:8歳11ヶ月まで
手術ケア:12歳11ヶ月まで
終身ソフトバンク
※新規申し込み中止
7歳11ヵ月まで終身
日本ペット共済生後60日以上~10歳まで終身SBIのペット保険生後2ヵ月~11歳まで終身
イオンペット保険生後45日以上~10歳未満終身イーペット保険生後45日~満10歳終身
ペッツファースト7歳11か月まで終身

 

継続は終身になりますから、

高齢のペットを飼っている飼い主さんにはとてもありがたい設定ではないでしょうか。

みんなのイーペット保険に対する評判は??

イオンペット保険に入って良かったところ!

    • 初回でケガを全額補填してくれる
    • ホームページの保証対象記載がわかりやすい
    • 更新時の条件が付かないところ
    • 通院日数の制限がないこと
    • 複数種類の割引があること

    改善してほしいところ!

    • 高齢になると保険料が高くなる
    • 他社と比較すると保険料が高い
    • お悩み相談窓口みたいなのがほしい

インターネットでイーペット保険加入者に対してアンケートを実施しました。

良かった点で多かったのは、通院日数制限が無く利用しやすいこと、

そして複数割引があることです。

実際に病院に通ってみると意外に日数が多くなったという声が多く、

でもこの保険なら気にせず通えたという点が喜びの声として多かったです。

 

逆に改善点、悪かった点として圧倒的に多かったのが、

保険料が高いこと。

特に高齢期になると保険料が高く、もっと安くしてほしいという声がほとんどでした。

いくつかアンケートの回答を以下に掲載いたします。

通院や入院の制限がないので、限度額内であれば請求できる点が良かったです。毎年初回の怪我を100パーセント保証というのは助かりました。保証の割合も選択可能なので、保険料や対象ペットに応じて検討できました。更新時に条件が付かないといった点は長い目で見たときに掛け続けやすい保険だと思います。いつ怪我や病気をするのか分からない中で更新時に条件がついてしまうと、条件ばかり増えていき掛け続ける意味がなくなってしまうので安心です。
(20代女性 トイプードル)
各種割引がある事と特に良いのが初回であれば全額補填してくれる事であり元々あまり使う必要のペット保険ですがこの初回だけでもかなりお得な感じがします。その後も何度か利用しましたが結果的に契約しないよりもずっとお得でした。イーペット保険と名前もわかりやすいので気軽にすすめやすいですし保険の内容から考えてもお得な金額ですので何にしようか迷っている方であればオススメ出来る保険であると言えるでしょう。上限は60万ですがこれを越えることはありませんし問題無いはず
(30代男性 イングリッシュポインター)
我が家の猫はよく誤飲をしてしまいます。さらに長毛種なので、気をつけていても毛玉によって便秘に頻繁になってしまいます。イーペット保険は通院日数に制限がないので、少し便の調子が悪く心配なときにも気軽に病院に行きやすくて大変助かっています。誤飲により一度入院した際も保険のおかげで金銭的な心配はしなくてすみました。他にも耳ダニなど何かとトラブルがおこる猫なので、無制限なのは保険加入の必須条件でした。保険料は他のペット保険と比べると高いのですが、仕方ないと諦めています。病院にかかることが多い犬猫を飼っている方にはおすすめしたい保険です。
(30代女性 チンチラシルバー)

イーペット保険のペット保険はおすすめ?

私個人としては決して悪くはない保険かなという印象です。

ただ決め手にも欠けるともいえます。

70%補償プランは保険料は及第点ですが、

年間最大補償額が低いこと、またさらに安い保険会社がありますし、

保険料重視な50%補償プランでも決して保険料が安いわけではありませんし、

年間最大補償額がより高い会社もあるからです。

 

ただ豊富な割引制度と制限の少なさはとても良い点ですから、

保険選びの選択肢のひとつとして考えるのは良いかもしれません。

犬の保険のおすすめランキングへ

猫のペット保険ランキングへ

 



口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する!


平均評価:  
 総評価数:1

投稿者:のでぃす ペット保険会社: イーペット保険
思ったよりは面倒ではない
契約プラン : 50%
契約した愛犬または愛猫 :

初めてのペット保険の加入で、手続きが難しくないか?
万一の時にスムーズに保険が適応になるのか?等々、当初は色々案じておりましたが、全くの取り越し苦労でした。不明点に関しては、此方が分かる迄、何度も何度も繰り返し丁寧にご説明頂けて大変助かりました。