ペット保険の中で知名度が高い保険のひとつがアイペット損害保険株式会社が運営する、

【うちの子】です。

アイペットの資料写真

代理店として提携しているペットショップやサロンが多いため、

名前は聞いたことがあったり、一度紹介されたという方もいらっしゃるかもしれません。

ネットの評判では【保険料が高い】とか【値上がりが凄い】といった声も見られますが、

実際どうなのでしょうか?

保険プラン内容を整理してみよう!

プラン名保障範囲保険料最安保険料最高免責金額補償率回数・限度額年間最大補償額
うちの子50%プラン病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:2,270円
中型犬:2,650円
大型犬:3,470円
猫:2,180円
※公表分の12歳までで
小型犬:7,060円
中型犬:7,640円
大型犬:12,710円
猫:5,870円
※公表分の12歳までで
無し50%通院:22日 1日1.2万円
入院:22日 1日1.2万円
手術:2回 1回10万円
72.8万
うちの子70%プラン病気・ケガ
通院・入院・手術
小型犬:2,650円
中型犬:3,300円
大型犬:4,490円
猫:2,690円
※公表分の12歳までで
小型犬:9,450円
中型犬:10,240円
大型犬:17,360円
猫:7,830円
※公表分の12歳までで
無し70%通院:22日 1日1.2万円
入院:22日 1日3.0万円
手術:2回 1回15万円
122.4万
うちの子Light病気・ケガ
手術(ともなう入院)
犬Ⅰ:990円
犬Ⅱ:1,120円
犬Ⅲ:1,410円
猫:780円
※公表分の12歳までで
犬Ⅰ:4,540円
犬Ⅱ:4,480円
犬Ⅲ:5,280円
猫:1,770円
※公表分の12歳までで
無し90%手術:2回 1回50万円
※但し治療費3万以上のみ
※手術に伴う入院は1回10日まで
100万

加入可能年齢更新可能年齢特約割引制度請求方法
12歳11ヵ月まで終身賠償責任特約
月払い:+130円
年払い:+1,460円
インターネット契約割引
多頭割引
無事故割引
窓口清算または
後日郵送方式

 

アイペットの保険プランは手術(伴う入院)だけ補償する手術保険【うちの子Light】と、

通院・入院・手術の全てを補償する医療保険【うちの子】に分かれています。

保険料重視なら【うちの子Light】、補償重視なら【うちの子】という形です。

プランによる違い

注意点は【うちの子】と【うちの子Light】では補償金受け取り方法が違うことと、

保険料の分類の仕方が【うちの子】は小型犬、中型犬など体躯別であるのに対し、

【うちの子Light】はリスク別で犬Ⅰ、犬Ⅱのように分類されています。

猫に関しては全猫種共通の保険料です。

ペット賠償責任特約

アイペットは月払い130円/月、年払い1,460円で賠償責任特約を付帯することができます。

賠償責任は自分のペットが他人や他のペット、物など危害を加えた時に支払う金額のこと。

このオプションに加入しておけば、最大1件500万まで補償をうけることができます。

保険料の考察

特徴をまとめると…

  • 3歳以降からの値上がりが激しい!
  • 全年齢を通して他社より高め
  • 割引制度は魅力的
  • 13歳以降は保険料非公表の不安

 

3歳以降からの値上がりが激しい!

【アイペットの保険料は高い】という口コミを見かけますが、それは間違いないといえます。

下記は各体躯別(うちの子Lightはリスク別)の年齢と保険料のグラフです。

※横にスクロールすると、各保険料が見れます。
※点をクリックすると詳しい保険料が見れます。

 

見てもらうとわかりますが、3歳以降の値上がりが凄く、

安い時と比べ最低3,500円以上は保険料が高くなっています。

場合によっては月1万円を超える場合もあり、他社に比べ圧倒的に高いといえます。

下記グラフは各社の最安保険料と最高保険料の差を比較したグラフです。

数字が大きいほど値上がりが大きいことを意味します。

※犬種or猫をクリックすると保険料幅が見れます。


ご覧のようにアイペットは他社に比べて値上がり幅が大きいことがわかります。

保険料の値上がりは加齢するほど苦労する

 

安さがウリの【うちの子Light】も確かに0~2歳は安いですが、

高齢になるにつれ高額になり、安さのメリットは感じられません。

同額以下で他社には通院、入院、手術すべてを補償する保険プランがありますから、

保険料の面ではまったくメリットが無いといって良いでしょう。

全年齢を通して他社より高め

アイペットは広告などでうちの子Lightの最も安い990円をアピールしますが、

あくまで手術保険であり、他社の医療保険とは比較できません。

ではアイペットの医療保険は0~2歳時は安いのか?というと、安くもありません。

保険会社アニコム
ふぁみりい50%
Aクラス
アイペット
うちの子50%プラン
アクサダイレクト
50%プラン
FPCペッツベスト
ベーシックプラン
ペット&ファミリー
50%プラン
PS保険 
50%プラン
日本ペットプラス(旧:ガーデン)
プラチナ50%プラン
もっとぎゅっと
50%プラン
日本アニマル倶楽部
オレンジプラン
あんしんペット
Lプラン
1歳保険料2,340円2,300円1,920円1,590円1,970円2,100円1,500円1,810円2,340円2,880円2,400円
2歳保険料2,370円2,320円1,860円1,590円1,990円2,100円1,500円1,750円2,340円2,880円2,200円
3歳保険料2,510円2,570円1,950円1,590円2,010円2,100円1,800円1,680円2,260円2,880円2,150円

 

0~2歳児もどちらかといえば高い保険料で、

値上がりの大きさも含めると、全年齢で支払う保険料は最も高くなる保険といえます。

下記は0~13歳における国内人気会社の総保険料を比較したグラフです。

※犬種or猫をクリックすると総保険料が見れます。


 

割引制度は魅力的

総じて高い保険料と言えるアイペットですが、

いくつか割引制度があり、その点は魅力的です。

割引の種類割引率内容
無事故割引5%一度も補償金受け取りが無い場合、
次年度割引
多頭割引2~3頭:2%
4頭以上:3%
複数のペット契約で
インターネット割引10%
※但し【うちの子Light】のみ
WEBからの申し込みで、以後継続後も割引

 

ただ、割引を受けたとしても他社よりも高めというのは変わりませんし、

ガーデン少額短期保険などは元々の保険料が安くかつ同様の割引制度もあります。

13歳以降は保険料非公表の不安

最も保険料で懸念なのが、13歳以降の保険料が公表されていないということ。

他社では全年齢公表しているところも多いですが、

アイペットは非公表のため不透明性があります。

12歳でもかなり高額ですが、

さらに『13歳以降もさらに高くなる可能性』もあり、リスクです。

最近はペットの寿命も延びていますから、高齢期の保険料はとても重要です。

保険料非公開の会社は信用できない

補償内容についての考察

特徴をまとめると…

  • 年間最大補償額は高めだが
  • 日数、回数制限は平均的
  • 保険料からみると補償内容は不十分

 

年間最大補償額は高めだが

保険料は高いアイペットですが、年間最大補償額は高めです。

※会社をクリックすると最大補償額が見れます。


上記は各ペット保険の補償率50%プランを比較したグラフです。

アイペットの年間最大補償額が高めなのがわかります。

補償率70%プランでは122.4万となり、他社が70~90万が相場と考えれば、高めといえます。

ただそれでも年間最大補償が一番ではりませんし、

保険料の高さから考えると、低いと見てとることもできます。

日数、回数制限は平均的

補償内容を決める上で、通院、入院、手術の日数、回数制限は重要です。

その制限を超えると補償金が一切支払われないからです。

アイペットは【うちの子】の場合、通院と入院は22日、手術は1回ですが、

他社も通院、入院は20~30日、手術も2回設定が多いため、特別良いわけではありません。

最近では回数、日数制限無しも増えてきていますので、魅力は見劣りします。

保険料からみると補償内容は不十分

アイペットの保険料の高さから見ると、補償内容がずば抜けて良いわけではない、

というのが結論です。

もっと安い保険料でも補償内容の条件が良い保険は沢山あります。

保険料と補償内容の観点で見れば、あまりおすすめできない保険です。

サービスについての考察

特徴をまとめると…

  • 対応病院なら窓口清算が出来る
  • 契約者優待サービスがある

 

対応病院なら窓口清算が出来る

保険料も高く、補償内容も特別良いわけでは無いアイペットですが、

何故高いのか?

会社維持費などもあると思いますが、一番の理由は窓口清算に対応しているからでしょう。

ペット保険は基本的に後日郵送で請求するタイプがほとんどですが、

アニコム、アイペット、ペット&ファミリーなどは窓口清算に対応してます。

基本的に窓口清算に対応しているところは保険料は高い傾向にあります。

 

窓口清算のメリットは、人の医療費と同じように病院のその場で治療費を補償してもらえること。

一時負担や書類の準備が不要ですので、手間も少ないです。

 

ただ注意が必要なのが、【うちの子Light】は窓口清算に対応しておらず、

【うちの子】もあくまで【対応している病院】ですので、

対応外の病院は郵送請求になります。

プランによる請求方法の違い

契約者優待サービスがある

保険料が高めのもう一つの理由が【優待サービス】が受けられるからです。

【クラブアイペット】という名前で、企業などの健保のように、

アイペットと契約しているペットショップやドッグカフェ、トリミングサロンやホテルなど

色々な動物施設で割引サービスが受けられます。

頻繁に上記のような施設を利用するのであれば、お得な優待といえるでしょう。

例えばこんな優待サービスが

みんなのアイペット保険に対する評判は?

アイペットに入って良かったところ!

  • 窓口清算は楽で良いです。(40代女性、ダックスフンド)
  • 対応が良かった(40代女性、ゴールデンレトリーバー)
  • ペットサロンの割引があるのが嬉しい(30代女性、トイプードル)

改善してほしいところ!

  • 保険料が高い(30代女性、トイプードル)
  • 値上がりが高いので違うところを検討しています。(40代女性、ポメラニアン)
  • 窓口対応病院をもっと増やしてほしい(60代女性、アメリカンショートヘア)
  • 通院が長くなると通院補償が受けられない(40代女性、ノルウェジャンフォレストキャット)
  • 高齢になると保険料が高くて支払いが大変です。(60代女性、マルチーズ)

インターネットでアイペットについてアンケートを取ったところ、

やはり『保険料が高く支払いが大変』という声が圧倒的でした。

加えて、日数と回数制限があるためアレルギーなど治療が長くなる病気だと、

補償が受けられなくなるという声も。

窓口清算は便利で、顧客対応も良いですが、保険料の高さから乗り換えを検討している人もいるようでした。

アイペット保険はどんな人におすすめ?

ここまでアイペットの保険料や補償内容、サービス、口コミについて解説しましたが、

最後にどのような人がアイペット保険に向いているかをまとめました。

こんな飼い主さんにおすすめ

  • 動物施設を良く利用する人
  • 人間と同じように窓口清算を利用したい!

動物施設を良く利用する人

医療費の保障だけでなく、

ペットの生活全般でお得なサービスがあるのがアイペットの魅力でしょう。

保険料は高いですが、代わりにペットサロンや宿、ドッグカフェなどで恩恵を受けられる、

サービスもセットで買うつもりで加入する感覚。

ペットと動物施設を良く利用する人は検討の価値はあるかもしれません。

人間と同じように窓口清算を利用したい!

書類の準備や郵送処理が面倒、一時的に治療費を全額負担するのがイヤという人は、

窓口清算に対応しているアイペットは魅力的です。

アイペットはあまりおすすめできない

私的にはアイペットよりも他の保険の方が魅力的だと考えています。

後日清算でも最近は簡単に

まず後日郵送による請求方式がそこまで面倒では無くなっていることです。

確かに窓口清算に比べると手間ですが、

書類の数が少なくなったり、まとめて請求ができ回数を減らすなど、

各社工夫をして受け取りが簡単になっています。

その分保険料が安くなりますので、多少の手間は許容できる範囲だと思います。

保険料の値上がりはかなり辛い!

飼い主さんの中には『保険料の値上がりで支払いが大変』という悩みをもつ方は多いです。

ペット保険の保険料は掛け捨てなので、積立られませんから、

なるべく値上がりが少ないのに越したことはありません。

ペットが高齢化していますから、

特に高齢になっても保険料の値上がりが少ない保険のほうがおすすめです。

アイペット以外でおすすめは?

窓口清算や優待サービスなど不要であれば、安い保険料で補償がもっとよい会社は沢山あります。

当サイトでは保険料が安く補償が良い会社をランキングでまとめていますので、

気になる方はチェックしてみてください。

犬の保険おすすめランキングはこちら

猫の保険おすすめランキングはこちら

 



口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する!


平均評価:  
 総評価数:14

投稿者:ロマン飛行 ペット保険会社: アイペット
保険証だけで請求できて便利
契約プラン : うちの子70%
契約した愛犬または愛猫 : ペルシャ、ヨークシャーテリア、トイプードル

保険証が発行されるので、対応の病院ではカード提示するだけで保険適応になり一度全額払わなくていいので便利です。少額だと紙で請求するのが面倒ですがそれがないのでちゃんと保証してもらえて満足度はあります。ただし、年齢を重ねるごとに保険料があがりすぎるのでそこは改善してほしいです。大体の動物病院は保険証に対応しているのですが、もっと対応の病院が増えてくれると助かります。

投稿者:リボン ペット保険会社: アイペット
とりあえず続けています。
契約プラン : 50%負担のタイプ
契約した愛犬または愛猫 : ミニチュアダックスフント

病気以外では使えないから、保険を使ったことはまだありません。将来のことを考えて加入していますけれど今の時点ではもったいないなぁって思ってしまいます。今まで保険をかけていた分、貯金をすればよかったかなぁって思ってしまいます。だけど今保険をやめてしまったらもう他の保険には入れないのでしょうがなく続けている感じです。

投稿者:びーとっこ ペット保険会社: アイペット
24時間対応の電話相談が役立つ
契約プラン : 「うちの子」プラス70% 、ライト90%プラン
契約した愛犬または愛猫 : ブリュッセルグリフォン×マルチーズのmix犬

ペット保険に初めて加入したので、他社との比較はできないのですが、小さな医療費でも申請すればきちんと早く保証金を支払ってくれます。
また、専属獣医さんが書く犬の成長過程に合わせた記事をお知らせしてくれるのですが、役に立ちます。24時間対応の電話相談も困った時にとても助かりました。
会員限定の犬専用施設利用クーポンもあるようなので、今後利用してみたいと思っています。

投稿者:wild ペット保険会社: アイペット
保険料がもっと安ければ
契約プラン : うちの子 50%プラン
契約した愛犬または愛猫 : 猫種:ペルシャ

ペットの写真入りの保険証をもらえたのが嬉しかったです。
ネームバリューとブリーダーさんのすすめで加入しましたが、補償内容に対し、月額の掛け金が高いようにも感じます・・・。
今のところ大きな病気やけがもないため、保険を使う機会がないからそのように感じるかもしれません。
複数匹飼っている方に対しては、多少の割引があるので、お得かと思います。

投稿者:るなっこ ペット保険会社: アイペット
現在は解約
契約プラン : うちの子ライト
契約した愛犬または愛猫 : 柴犬

加入していた時はまだ子犬だったので保険を使うことがなかったので保険内容に不満はなかったのですが、保険料の支払いに関しては、当時口座引き落とししかなかったので、コンビニなどで支払える納付書があると、なかなか銀行やATMに立ち寄れない私には非常に助かると思いました。そういったところもあって現在は保険に加入していません。

投稿者:ポチ ペット保険会社: アイペット
高い保険料
契約プラン : 70%
契約した愛犬または愛猫 : チワワ

特に良い点はありません。ペットショップにて購入時に契約。いろいろ調べるともっと安くて制限のない良い保険があり、契約変更しました。保険請求しても振込みが遅い。保険料でも安ければよいのに、なんのメリットもない保険。なぜ人気なんだろう疑問・・・

投稿者:シュモン ペット保険会社: アイペット
説明がわかりにくい
契約プラン : うちの子プラス70%
契約した愛犬または愛猫 : ミニチュアダックス

利用はありませんでしたが、いつどんな時にどのように利用するのかが分かりにくいと思いました。
パンフレットも、情報が無さすぎて全く分かりませんでした。
ペットショップで必ず加入して下さい…という事で加入しましたが、店員さんに聞いても内容も分からないという事でした。
もっと分かりやすいパンフレットとかあれば良いと思います。

投稿者:みんちこ ペット保険会社: アイペット
限度日数がなくなれば
契約プラン : 70パーセントプラン
契約した愛犬または愛猫 : スコティッシュ・フォールド

私の愛猫の通っている動物病院では、アイペット対応動物病院だったので、その場で保険が適用できるのが助かりました。
ただ、1年の通院支払限度日数が、21日と決まっておりいつ保険を使うか悩む時もありました。一度限度日数を超えて、その後が大変な時がありました。
金額も年齢が上がる事に上がっていくので(3才あたりから)、年齢が上がると病気する可能性が高くなり病院に行く回数が増える+保険料も上がるとなると
なかなかの負担になるかと。(猫はまだ安い方で、ワンちゃんの方はもっと大変かと)もう少し、保険料をお安くしてもらえると助かるな~と思います。

投稿者:のりたま ペット保険会社: アイペット
補償範囲が広がれば
契約プラン : うちの子ライト
契約した愛犬または愛猫 : スコティッシュフォールド

保険料が他社より安く設定されており、別の保険会社からの引越しで今の保険会社になりました。
保険証に載せるための写真も自分で撮影した好きな物を選ぶことが出来るのも含め、申し込みの手続きが全てオンライン上で出来たのでお手軽でした。
ただ、保険の対象となっているのがあくまで「手術を伴ったペットに対する治療」に限定されているので、薬の投与や健康診断、ワクチン接種などには適用出来ないのが残念です。ただ、保険料を見たらこんなものだろうと思いますが。

投稿者:ビット ペット保険会社: アイペット
窓口の対応病院を増やしてほしい
契約プラン : うちの子プラス
契約した愛犬または愛猫 : シンガプーラ

治療した際に、保険金請求から実際に支払われるまでは早くて良かったです。
ただ対応している病院が少なく一旦は立て替える形になってしまうため、通っている病院を対応病院として推薦しましたが、ダメでした。推薦からその結果が出るまでも半年くらいあり、その間なんの連絡もいただけなかったので、どうなったのかソワソワしました。

Page 1 of 2:
«
 
 
1
2
 
»